F1 アレクサンダー・アルボン 「RB15には慣れてきている。課題はサーキット」
レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、今週末のF1シンガポールGPでチームメイトのマックス・フェルスタッペンと対等なスピードを発揮できるようになるには時間がかかるだろうと予想する。

今週末のF1シンガポールGPはアレクサンダー・アルボンがレッドブル・ホンダに移籍して3回目のレース週末となる。また二人のドライバーともにパワーユニット交換によるグリッドペナルティを受けずにレースに挑むのは初めての週末となる。

アレクサンダー・アルボンは、マックス・フェルスタッペンと比較してシンガポールでの経験が不足していることは不利だと指摘する。

「簡単なトラックではなさそうだ。ラップタイムを多くのギャップが見られる数少ないサーキットの一つだと思う」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「だから、段階的に進めていくつもりだ。1回目のプラクティスで見てみるつもりだし、そこでは少しペースが遅れていると思う。でも、もちろん、予選とレースにむけてすべてを仕上げていくつもりだ」

「それが本当に重要だ。明らかにクルマはスパやモンツァよりもこのトラックに適しているはずなので、どうなるか見てみよう」

残り7戦でアレクサンダー・アルボンがレースを経験しているサーキットはソチとヤス・マリーナしかない。多くのトラックがアルボンにとっては新しいということになるが、RB15についてはより慣れてきていると語る。

「自分が改善していると感じている。クルマにより慣れてきていると感じている」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「それでもテストセッションとしてではなく、レースとして扱っている。まだ試している部分はあるけどね。より快適に感じている」

「もちろん、今後はそれらすべてのトラックが新しいシーズンに突入していくし、クルマとトラックを学ぶというほぼ2倍をこなしていかなければならない。でも、この段階ではクルマをより自然に運転できるようになっていると感じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / F1シンガポールGP