F1 アレクサンダー・アルボン「フェルスタッペンから多くのことを学んでいる」
レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、新しいチームメイトであるマックス・フェルスタッペンから「すでに多くのことを学んでいる」と明かす。

今年トロロッソ・ホンダでF1デビューを果たしたアレクサンダー・アルボンは、夏休み後ピエール・ガスリーと交代でレッドブル・ホンダに昇格。少なくとも今シーズンの残りのレースではレッドブル・ホンダで走ることになっている。

アレクサンダー・アルボンは、F1グリッドでベストドライバーと評されるマックス・フェルスタッペンとの仕事を明らかにした。

「ドライビングについてお互いに話をすることではない。実際にそんなことをすることはない。危険だからね」とアレクサンダー・アルボンは Beyond the Grid にコメント。

「壁に突っ込む前にブレーキをかけなければならないと言うだろう」

「聞くの方が重要だ。ブリーフィング中、マックスは常に最初に彼のフィードバックを与える。僕はそれから可能な限り多くのことを学ぼうとしている。聞くことで、多くのことを学ぶことができる。彼が何を望んでいて、どのようにしてチーム全体にそれを浸透させようとしているのかわからうからね」

「チーム内でのコミュニケーションは重要だ。なぜならトップドライバーはマシンを速くするためにチームが何を知る必要があるかを正確に知っているからだ」

「マックスと僕は友好的な関係を築いている。それに2010年以来お互いを知っているからね。カート選手権でも一緒に走っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン