FIA、2021年F1アブダビGPの調査結果を発表 「マイケル・マシは誠意を持って行動した」
FIA(国際自動車連盟)は、2021年F1最終戦アブダビグランプリに関する調査結果を発表。ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンのタイトル争いを巡る論争は「人為的ミス」によって引き起こされたと結論付けた。

FIAは、先週末の2022年F1開幕戦バーレーングランプリに先立ち、土曜日に開催された世界モータースポーツ評議会の会議を経て、2021年のタイトル争いに影を落として論争の的となった最終戦アブダビグランプリの調査に関するレポートを発表した。

FIAは、元F1レースディレクターのマイケル・マシが、レース終盤にセーフティカー出場中のハンドリングとファイナルラップのリスタートでミスを犯し、ワールドチャンピオンシップの結果を変えたことを認めたが、マイケル・マシは「誠意を持って」行動したと語った。

マイケル・マシは、セーフティカーの規制を2回適切に適用せず、ファイナルラップでマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)がルイス・ハミルトン(メルセデスF1)を追い越して自身初のF1ワールドチャンピオンを獲得するという劇的で物議を醸した状況を生み出したことで彼の役割から外された。

FIAのレポートは、2021年シーズンの最終レースの結果が「有効かつ最終的なものであり、現在は変更できない」ことを明らかにし、また、2022年のF1シーズンから周回遅れを解除する必要のある車のリストのコミュニケーションを自動化するために使用されるソフトウェアが開発されていることも発表した。

2021アブダビグランプリの調査で決定された重要なポイントは以下。

- 2021年アブダビグランプリでのセーフティカー手順に端を発するF1競技規則の第48.12条および第48.13条への準拠が詳細な分析と明確化の演習における議論の中心的なトピックだった。

- レースディレクターは、F1競技規則(第48.12条)で要求されているように、追加のラップを完了せずにセーフティカーをピットレーンに呼び戻した。

- 分析から、F1競技規則の第48.12条と第48.13条の解釈が異なる可能性があり、これが適用された手順に貢献した可能性が高いことが明らかだった。

- また、2021年アブダビグランプリの終盤のセーフティカーに関する決定は、F1の利害関係者(FIA、F1、チーム、ドライバー)は、安全なときにセーフティカーの後ろではなく、グリーンフラッグレースの条件下でレースを終了することを好むことを明確化した以前の議論を考慮に入れている可能性が高いと考えられた。

- 2021年シーズンを通して適用されたグリーンフラッグレース条件下でフィニッシュするという目的と組み合わせて、報告書は、レースディレクターが困難な状況、特に決定を下すための重要な時間的制約とチームによって加えられている計り知れないプレッシャーを考えれば、誠意を持って、そして彼の知識の及ぶ限りでは行動していたことを発見した。

- 2021年アブダビグランプリとFIA F1世界選手権の結果は有効かつ最終的なものであり、現在は変更できない。ルールに従い、メルセデスはレース後にスチュワードに抗議し、レースのクラシフィケーションを変更しようとした。スチュワードは抗議を却下し、メルセデスはその決定をFIA国際控訴裁判所に上訴する機会があったが、そうしなかった。レースクラシフィケーションを修正するためのルールには、他に利用可能なメカニズムはない。

- 周回遅れ車両を特定するプロセスはこれまで手動で行われており、人為的ミスにより、すべての車がラップを解除できるわけではなかった。手動による介入は一般に人為的ミスのリスクが高いという事実により、今後、ラップを解除する必要のある車のリストのコミニュケーションを自動化するソフトウェアが開発されました。さらに、2022年のF1競技規則が最近更新され、「any(すべての)」車ではなく「all(すべての)」車が自分でラップを解除できるようにする必要があることが明確になった。

- 周回遅れ車両を特定するこのプロセスは、2022年2月17日の声明でFIA会長が以前に発表した推奨事項の一部としてレビューされた。これには、トラック走行中のチームとレースコントロール間の相互作用の見直しとともに、FIAリモートオペレーションセンターの設立、トラックサイドを運用するための新しい拡張チームの統合も含まれる。

2021年 アブダビグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1アブダビGP / FIA