カルン・チャンドック
ウィリアムズは、ヘリテージ部門の公式ドライバーとしてカルン・チャンドックを起用することを発表した。

カルン・チャンドックは、ウィリアムズの“ヘリテージドライバー”として、ウィリムアムズの歴史的なレーシングカーのデモ走行やテストを実施する。

カルン・チャンドックは、6月23〜26日に開始される2016年のグッドウッド・フェルティバル・オブ・スピードでヘリテージドライバーとして初登場。1983年のFW08C、1990年のFW13Wを走らせる。

ウィリアムズ・ヘリテージは、ウィリアムズの歴史的なF1カーのコレクションを管理するために設立され、1977年のF1初シーズンから最近引退したモデルまでを管理する。イベントで名車をファンに公開するだけでなく、投資家やエグゼクティブのためのプライベートセルの準備も行う。

カルン・チャンドックは、そういったウィリアムズ・ヘリテージのカスタマーのドライバーコーチも務める。

カルン・チャンドック
「ウィリアムズは、象徴的な英国チームであり、レースの歴史に染まっている。そのヘリテージプログラムに関与できることは本当に名誉なことだ。ウィリアムズ・ヘリテージカーの大奥は、素晴らしい物語をたかることができるレース史の一部であり、それらに近づき、走るチャンスを提供されたこと - 時には数十年ぶりにそれをする人間になること - 素晴らしい機会だ。時々、マシンでデモンストレーションを行うだけでなく、他のウィリアムズカーのオーナーが、F1史の一部を走らせる経験を心から楽しむことを助けられるように彼らと仕事をすることも楽しみにしている」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ | カルン・チャンドック