ニコ・ロズベルグ
ニコ・ロズベルグは、将来ドライバーマネジメントの形でF1に復帰する可能性があると認めた。

一部では、退屈になってすぐにF1に復帰したくなるだろうと考える者もいるが、ニコ・ロズベルグはそれは実現しないと主張する。

「新しいプロジェクトでどこか他に自分のアドレナリンを見つけるつもりだ」とニコ・ロズベルグは Le Figaro にコメント。

「冗談で映画について話したけど、やりたいことはたくさんある。人道主義にとても興味があるし、妻は建築家だ。僕たちはその分野でプロジェクトをやっている」

「何らかの形でレースの近くにもいたいけどね。でも、アドナレリンが必要な場合は、友達とカートをするつもりだ」

F1に関しては、ドライバーマネジメントが選択肢だと認める。

「ベストは若手ドライバーのマネージャーだ。父が僕にしてくれたようにね。僕はドライバーでありながら、別の面からそれを経験することもできた」

「来年からでも、トラックに戻ってこれるようにしたいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ロズベルグ