ルノー F1
ルノーは、先週バルセロナに到着する前に認識していたF1エンジンの問題がプレシーズンテストで“拡大”していることを明かした。

第1回バルセロナテストでも、ルノー、およびカスタマーのレッドブルとトロ・ロッソに問題が発生しており、今週のテスト2日目にもルノーのジョリオン・パーマーが予防措置としてエンジンを交換して午前中の走行時間を失っている。

水曜日にはレッドブルのマックス・フェルスタッペンが2度のMGU-K問題に苦しみ、木曜日はジョリオン・パーマーが再びエネルギー回生システムのトラブルでストップしている。

「2017年は完全に新しいパワーユニットであり、今週はERS側のエレメントによってマイレージが制限されている」とルノーのエンジンテクニカルディレクタのレミ・タフィンは述べた。

「ダイナモでの開発中にも似たいような問題が発覚していたが、コース上のテストでそれが拡大した」

「修正はすでに進行中であり、メルボルンではきとんと修正できていると思う。ここバルセロナでの走行には影響を与えたが、シーズンスタートにむけて信頼性の適切なレベルを達成する」

トラブルによって、ワークスルノーは509周に制限されている。これは、マクラーレン・ホンダ、トロ・ロッソについて下から3番目の少なさだ。

ライバルメーカーと比較した場合、メルセデスは2314周、フェラーリは2171周を走破しているのに対し、ルノーは1274周にとどまっている。

ジョリオン・パーマーは、問題を管理し、意味のあるデータを収集することが“期待していたほど簡単にはいっていない”と認めている。

「僕たちはずっと改善するためのソリューションに取り組んでいるけど、現在、大きな修正はヴィリーで行われているし、メルボルンではかなりうまく把握できているだろう」

ジョリオン・パーマーは、午後にR.S.17をニコ・ヒュルケンベルグに引き継ぐ予定だったが、パーマーに走行時間を与えるために予定は変更された。

ニコ・ヒュルケンベルグは金曜日に単独で走ることになっていたが、スケジュールは変更され、ジョリオン・パーマーが午前中に走ることになった。

ルノーは、最終日に確実に走行し、シャシーに取り組むためにエンジンをデチューンするかと質問されたジョリオン・パーマーは「エンジンを強めるかどうかはあまり重要ではない」とコメント。

「僕たちはシャシー側のセットアップに取り組むために周回を重ねる必要がある」

「僕たちはエンジンパフォーマンスには自信を持っているし、解決できると思っているので、エンジンを強めたときのクルマのパフォーマンスを知ることが重要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー