ニコ・ヒュルケンベルグ
ルノーのチーフテクニカルオフィサーを務めるボブ・ベルは、ニコ・ヒュルケンベルグの到着がチームに方向性をもたらすと考えている。

フォース・インディアは、ニコ・ヒュルケンベルグとの契約を解消し、ルノーに複数年契約で移籍することを許した。

ルノーは、ワークス復帰した2年目に経験豊富なドライバーとの契約を望んでいた。

ニコ・ヒュルケンベルグは、ハースに移籍するケビン・マグヌッセンに代わってルノーに加入し、チームに残留するジョリオン・パーマーとチームを組む。

「ニコは、ドライバーの視点からクルマに採用する必要のある場所に関して非常に明確な方向性をもたらしてくれるだろう」とボブ・ベルは Autosport にコメント。

「彼はフロントウイングをどんな形状で作るべきか我々に話すようなことはしないだろう。だが、彼はドライバーの視点から、我々に何が必要か、クルマにどのような特勢が必要かについて非常にはっきりしている」

「来年は異なるタイヤになるし、彼のような経験のあるドライバーがいることは、その移行に対処することに非常に役立つ」

「彼の経験は、それらを最大限に生かし、どのように管理していくかに役立つ。それが彼が本当に重要な役割を果たせる2つのエリアだ」

「もちろん、彼は全員のモチベーションを上げ、引っ張っていくチームにとって重要なポイントだ」

ボブ・ベルは、初年度がタフなシーズンになり、結果として得られるゲインは非常に小さいのもになりそうなことはわかっていたため、今が経験豊富なドライバーを連れてくるには正しいタイミングだと考えている。

「正直、おそらく2016年はそれほど貴重ではなかった」

「だが、今年はもう一歩前進するので、今、我々は経験豊富なドライバーを必要な領域に入った。手腕のひとつは、そのステップを最大限に生かすことを助けることだ」

「彼は我々がどの位置にいるか、前進するために何をする必要があるかを理解するという点で我々に基礎を教え込む助けになるだろう」

「彼は我々にとってシーズンで非常に重要なエレメントになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | ニコ・ヒュルケンベルグ