エステバン・オコン
ルノーは、2017年のドライバーにエステバン・オコンを起用することはほぼ確定だと報じられている。

ケビン・マグヌッセンは、ルノーからF1シンガポール前に2017年のドライバーが決まると伝えられたと明かしている。

Speed Week によると、1つのシートはエステバン・オコンが獲得することになると報道。

メルセデスの育成ドライバーであるエステバン・オコンは、今年ルノーにリザーブドライバーとしてローン移籍。

F1ベルギーGPからはリオ・ハリアントに代わってマノーからF1参戦を果たしているが、ルノーの長期プランの一環であうことは明らかだ。

ルノーのレーシングディレクターを務めるフレデリック・ヴァスールは「我々は2019年にむけてチャンピオンが欲しい」とコメント。

「風洞やより良いエンジンなどの投資と同じ観点でドライバーを作り上げたい」

将来のスーパースターと考えられているマックス・フェルスタッペンとストフェル・バンドーンは、F1グリッドでの将来を安泰だとみられている。

だが、フレデリック・ヴァスールはマックス・フェルスタッペンについて「エステバンはF3で彼を倒した」とコメント。

「まだ全員がストフェル・バンドーンについて話しているが、彼はフォーミュラ・ルノー3.5でケビン・マグヌッセンに及ばなかったし、GP2では(ジョリオン)パーマーが彼を倒している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | エステバン・オコン