ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、2014年にDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)に転向する可能性があることを認めた。

昨シーズン末にケータハムのF1シートを失ったヴィタリー・ペトロフは、F1復帰を目指してきた。

「メルセデスとは連絡を取っているし、(DTMの)状況について聞いている」とヴィタリー・ペトロフは Championat にコメント。

「BMWの状況も知っている」

「DTMに参戦する予算ならあると言ってもいいくらいだ」とヴィタリー・ペトロフは付け加えた。

その一方で、F1復帰への道は“頭の痛い”問題だが、今もモーターレースの最高峰が最優先だとヴィタリー・ペトロフは主張する。

Championat は、近々ヴィタリー・ペトロフがラリーカーをテストする予定だとも報じている。

2014年のF1復帰の可能性を聞かれたヴィタリー・ペトロフは「基本的には前と同じだ」とコエント。

「話し合い、待っている状態だ。ウィリアムズのシートは決まってしまったけど、まだ3チームと交渉中だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴィタリー・ペトロフ | DTM(ドイツツーリングカー選手権)