マクラーレン MCL32
マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、2017年F1マシン『MCL32』に“刺激的な変化”があることをほのめかしている。

マクラーレンは、2月24日にMCL32を発表する。MP4の名称を終了した新車のカラーリングには、マクラーレンの伝統カラーであるパパイヤ・オレンジが取り入れられると噂されている。

エリック・ブーリエは、舞台裏でのチームの新しい構成を含めた刺激的な変化について語った。

「変化は常にあるものだし、常にそうあるべきだ」とエリック・ブーリエはコメント。

「ご存じの通り、F1カー自体、レース毎に同じままであることは決してない」

「実際、企業全体で我々はその他の変化も誘発している。そして、新車MCL32のために刺激的な変化を計画してきた。だが、2月24日に披露するまでは秘密のままにしておきたい」

今週、チームマネージャーのデイブ・レディングがウィリアムズに移籍することが発表された。それはマクラーレンの構造変化を促した。

「自分たちがやってきたことにかなり熱中しているし、現在、新たな任命が非常に短い時間の範囲内でしっかりと確立されると自信を持って新シーズンに向かっている」

エリック・ブーリエは、デイブ・レディングのウィリアムズ移籍はしばらくの間議論されていたの述べ、後任としてチーフメカニックのポール・ジェームズを昇格させることにまったく躊躇はなかったと語る。

「マクラーレンのチーフメカニックとして、ポールはF1でも最も優れた人材だ。それは単に私の意見だけでなく、多くの他チームのピットレーンで働く機会があったマクラーレンの多くの仲間がそう思っている」

「タフィ(チーム内のみんなに親しみを込めて呼ばれている)が、新しい役割で輝かしい活躍をしない理由は見つからない」

「デイブのマクラーレンでのキャリアの長さにより、年々、彼の役割は成長し、拡大していった」

「2016年末までに彼はその役割のなかでいくつか異なる責任を引き受けていたし、我々はレースチームの他のメンバー間でそれらの責務をより均一にすることにこの機会を利用することに決めた」

「アンドレア(ステラ)が、レース週末に我々の代表としてFIAと意見を交わすことになる。コンプライアンスとフェアプレーを確実にするためにチャーリー(ホワイティング)や彼の検査人のチーム、スチュワードと連絡を取っていく」

「アンドレアは物凄い知性と本当に幅広い焦点を兼ね備えたクレバーで洞察力の鋭い男だ。彼は非常に正確な思想家だと言える」

ポール・ジェームズのチームマネージャー転向により、フェルナンド・アロンソのマシンのNo.1メカニックだったカリ・ラメンランタがチーフメカニックに昇格し、その後任はマルク・コックスが務める。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン