ヘイキ・コバライネン
元F1ドライバーのヘイキ・コバライネンが、ルイス・ハミルトンとチームを組んだ2008年と2009年のマクラーレン時代に語り、シーズン末に彼を放出するというチームの決定によって自信が揺らいでいたことを明かした。

「マクラーレンは多くのことを教えてくれたし、ルイスからも多くのことを学んだ」とヘイキ・コバライネンは述べた。

「チームとして、彼らは僕を助け、導いてくれた。僕は良いドライバーになったけど、2009年シーズンの後半はちょっと自信を失っていた」

「僕には素晴らしいチャンスがあったし、とても良いスタートを切ったと感じていた。でも、モータースポーツや人生では、小さなことが方向性や結果を変えてしまうことをよくあることだ」

「とにかく僕はルイスほどクルマから引き出すことができなかった。重要な時期だったし、その時点で僕には明らかに結果が必要だった」

「精神的にもっと多くを引き出すには十分にシャープではなかったんだ。それにルイスは僕よりも先にパーツを得ていた。たぶん、彼の方がわずかに良いサービスを受けているときにそれがちょっと影響していたと思う」

「自分はナンバー2なんだと感じた。でも、そんなことは無視して、とにかく自分の仕事に取り掛かるべきだった。以前ほど良いドライビングができていなかった」

2009年シーズン、ヘイキ・コバライネンはポイントフィニッシュがより厳しい状態になっていた。必然的に、コバライネンがシートを失うという推測が広まっていった。

「マーティン・ウィットマーシュ(元マクラーレン チームプリンシパル)は、最新情報を伝えてくれていた。彼は、マクラーレンが他のドライバーを探していることを早めに伝えてくれていた。彼らはキミ(ライコネン)を獲得しようとしていた。またジェンソン・バトンも得ようとしていた。二人とも獲得できないかもしれなかった。そして、マーティンは『君は獲得できなかった場合のサードチョイスだ』と僕に言った」

「僕はアメリカにいた。マーティンから電話がかかってきたのは感謝祭のときだった。『我々はジェンソンと契約した』と言われた。僕の結果は十分に良くなかったし、そうなることだいたい予想していた」

「僕はスタート地点に戻って、その2年で得た情報とともに再びスタートする必要があると感じた。ケータハムに行ったのはそれが理由だ。自分に再び何かを作り上げていく時間を与えるためにね」

「でも、マクラーレンには良い思い出があるし、これまで働いたなかでベストなチームだ。本当に素晴らしいチームだし、パワフルなチームだ。竿金、彼らが苦しんでいるのを見ると切ないし、彼らがいるべき場所に返り咲けることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヘイキ・コバライネン | マクラーレン