ケビン・マグヌッセン F1 ハース
ケビン・マグヌッセンは、今週のF1プレシーズンテストで走らせたハースの2017年F1マシン『VF-17』はフィジカル的に“タフ”だと感じたと語る。

ケビン・マグヌッセンは、月曜日にバルセロナでハースのF1ドライバーとして初登場。ハース VF-17で2日間のテストを行った。

全F1マシンは、新レギュレーションによって速く、アグレッシブになっており、F1ドライバーは冬の間にフィットネスの強化に集中してきた。

バルセロナテストでマシンを2日間トラブルなく走らせた数少ないドライバーのひとりであるケビン・マグヌッセンは、テスト後に身体の負担を感じていると認めた。

「そうだね、タフだ。特にブレーキングでは首にかなり厳しいとわかった」とケビン・マグヌッセンはコメント。

「でも、僕はそれをやり終えた。僕たちがどこに取り組む必要があるかをわかったのはいいことだ」

十分に準備はできていたかと質問されたケビン・マグヌッセンは「そうだね、完璧だよ」とコメント。

ルノーで1年を戦った後、ハースに加入したケビン・マグヌッセンは、ここまでの経験の全てでまだ2シーズン目のハースの活動に感動してたと述べた。

「本当にうまく組織されたチームだ。ここには優れたエンジニア、デザイナーの集団がいるし、ダラーラも良い仕事をしている。本当に彼らには感動した。彼らは自分たちの仕事をステップアップさせている」

「もちろん、去年僕はここにいなかったし、彼らがどうだったかは言えないけど、今年彼らが成し遂げた仕事はわかるものだし、クルマ、コンポーネント、シャシーのクオリティはとても素晴らしい」

ケビン・マグヌッセンは、ハース VF-17の第一印象にも満足しており、チームは残りのテスト期間で進むべき良い方向性を見つけ出したと語る。

「感触はとてもいい」とケビン・マグヌッセンは、ハース VF-17についてコメント。

「僕たちがここまでやってきた作業が成果を挙げている。僕たちは取り組む必要がある方向性を持っているし、ここまで果たした進歩に満足している」

「もちろん、もっと多くのラップを走りたかったけど、このチームがどれくらい小さいかを考えれば、僕たちが2日間で成し遂げたことは悪くはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケビン・マグヌッセン | ハース