ハース フェラーリ
ハースは、フェラーリとの緊密な技術パートナーシップを用いることで、フェラーリの改善の手助けをしたいと考えている。

2015年、フェラーリは3勝を挙げてメルセデスに次ぐコンストラクターズ選手権2位でシーズンを終了。さらなるパフォーマンスの改善を目標として今シーズンに臨んだ。

しかし、2016年はレッドブルがメルセデスに最も近いチャレンジャーとなり、フェラーリはレースに勝つことができなかった。

ハースは、今年からフェラーリとの技術的なパートナーシップを後ろ盾にF1に参入。チーム代表のギュンター・シュタイナーは、その提携が両チームのパフォーマンスを向上させることに用いられなければならないと考えている。

フェラーリの苦戦がハースに影響を与えたかと質問されたギュンター・シュタイナーは「そうかもしれないが、フェラーリと協力するならば、彼らが良い仕事をしると信頼しなければならない」とコメント。

「ハースは、何がもっとうまくやれるかをインプットすることで、積極的にそれらを使わなければならない。彼らにとって、我々がカスタマーとしていることはかなり良いことだし、実際に我々はユーザーユレンドリーで、彼らと議論する場合、共に前進しようとしている」

「エンジンが故障して、引退した場合にも、我々はそれを言い訳にはしない。我々は彼ら、そして、援助を信頼している。彼らなしでは我々は決して今いる位置にはいれなかった。得るためには与えなければならない」

「確かには今年はいくつか問題があったかもしれないし、来年もあるかもしれないが、我々は彼らなしではこの場所にはいられなかった。何がうまくいかなかったかを言うのは簡単だが、彼らがいなければ我々はどの位置にいただろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ハース | フェラーリ