F1 フォース・インディア
F1マシンのカラーリングをピンクに変更したフォース・インディアは、2017年に2000万ドル(約23億円)のスポンサー収入が入るという。

フォース・インディアは14日(火)、オーストリアの水技術企業であるBMWグループとのパートナーシップを締結。契約により、F1マシンのカラーリングをピンクに変更することを発表した。

このスポンサー契約について、オーストリアの Austrian は「スポンサーシップが1500~2000万ドルが持ち込まれると言われている」と報道。

フォース・インディアのチーム代表ビジェイ・マリヤは「F1へのBWTの到着は大きなニュースであり、我々の10年の歴史で最も重要なパートナーシップのひとつとなる」と述べている。

フォース・インディアを離れて今年からルノーに移籍したニコ・ヒュルケンベルグは「これで僕がフォース・インディアを離れた理由がようやくわかったね」とTwitterでちゃかしている。

フォース・インディア、F1マシンのカラーリングをピンクに変更
F1 フォース・インディア ピンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア | F1スポンサー