2017 F1マシン
2017年F1マシンはエアボックスに“醜い”背びれが装着されると Auto Motor und Sport が報じている。

2017年のレギュレーションは、F1マシンを速くするためだけでなく、幅の広いタイヤとシャシー、低くワイドなウィングによって見た目もアグレッシブにすることを狙っている。

「とてもクールで未来的に見える。特にワイドなタイヤと大きなリアウィングはね」とマクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンはコメント。

「CGモデルを後ろから見ると、とてもアグレッシブだ」

しかし、 Auto Motor und Sport は、2017年のサイドからの見た目は非常異なるものになるとし、“特に全てのチームは醜いエアボックスの背びれを計画している”と報じて。

同誌は、エアボックスの後部から延びる大きなボディーワークフィンがエンジンカバーを飾った2009年と2010年に言及した。

「側面図はステーションワゴンのように見える」

F1:シャークフィン
シャークフィン(画像)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン