2016 F1 アブダビ 予選
2016 FORMULA 1 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX

1位:ルイス・ハミルトン (メルセデス)
「ここまでは最高の週末だ。ほぼ全てのセッションをトップで終えるなんて滅多にないことだし、そのことがとても嬉しい。クルマを必要な位置につけるために懸命に働いてくれたメカニックとエンジニアのおかげだし、いつものように彼らには感謝している。今夜は本当に素晴らしい感覚だった。このクルマで走る予選がこれが最後なんて、本当に悲しいよ! これだけ優れたクルマを走らせれるのは全てのドライバーにとっての夢だ。週末ずっとポールの位置からスタート練習をしていた。明日それ以外の位置につくつもりはなかったからね。今週末に僕が必要としていることにおいて、それが大きな役割を果たすとわかってここに来た。それを達成できたので、これでレースに集中できる。次の重要なステップは先頭から引き離すことだ。ここでオーバーテイクするにはペース的に大きなデルタが必要なので、スタートが重要になる。でも、今夜は戦略を練って、勝利を掴むためには僕にとってどんな仕事が必要かを考える必要がある。現時点では僕のペースの方が少しいい。でも、僕の後ろで起こることはコントロールできない。僕にできるのは、自分のレースに集中することだけだ。混戦の中に何が放り込まれるかなんて誰にもわらないので、とにかく僕のクルマが今週末これまでと同じくらい素晴らしいことを願って、勝利を目指すだけだ」

2位:ニコ・ロズベルグ (メルセデス)
「ポールを獲るためにここに来たので、今日は満足することはできない。今日はクルマに乗っていてフィーリングが良かったし、最後は良いラップを揃えることができた。でも、ルイスは素晴らしい仕事をしたし、ほんのコンマ数秒速かった。レースで優勝するにはまだ良い位置にいるし、シーズンを良い形で締めくくりたい。明日はいくつかチャンスがあるし、エキサイティングなバトルを楽しみにしているよ。ヤス・マリーナ・サーキットは素晴らしいトラックだし、シーズン最終戦を前にとても良いフィーリングを持っている。今シーズンここまでの内容は誇りに思っているし、満足している。今夜はビビアンや友人たちとちょっとリラックスして、明日に最高の状態で戻ってくるつもりだ」

3位:ダニエル・リカルド (レッドブル)
「求めていた3番手につけてとても嬉しい。本当にいい気分だ。今朝は厳しかった。かなり早い段階で走行してマックスからほぼ1秒遅れだったので、見た目は良くなさそうだったんだど、路面はとても温まっていたので予選はどうなるかまったくわからなかった。Q1はちょっと遅かったけど、その後は調子を上げて、Q3では十分に堅実だったので満足している。戦略については考えてみるつもりだ。メルセデスと違うことをやるのはいいことだ。同じ器材ならおそらく彼らの方が速いのはわかっているので、スタートでちょっと長く走って、終盤にはタイヤがちょっと違っているかもしれないので、レースを僕たちの方に引き寄せられるかもしれない。明日はもちろん彼らの位置にいたい。今週末は彼らの方が僕たちよりも少しプレッシャーがかかっているのは明らかだ。それうらやましいね。でも、明日僕に勝利のチャンスがあるならそれを目指すし、遠慮するつもりはない。タイトル争いをしている彼らにはいつだって敬意は抱いているけど、彼らがドアを開けていて僕がパスできるなら、彼らに楽なレースをさせるつもりはない。サンセットクルーズなんてさせないよ」

4位:ミ・ライコネン (フェラーリ)
「かなり良い予選だったし、クルマはずっと調子が良かった。今日はフリー走行よりもずっと速かった。ベストを尽くしたし、3番手まであと少しだったけど、最後のラップがどこかで完璧ではなかった。明日、メルセデスと戦えるかどうかはわからない。通常、レースコンディションではもう少し近づいているけれど、彼らがとても強いことも確かだか。明日はベストを尽くすだけだ。良いスタートを決めて、どうなるか見てみよう」

5位:セバスチャン・ベッテル (フェラーリ)
「結果にはあまり満足していない。スタート時はクルマのバランスに少し苦しんでいた。最後は良くなったけど、ラストラップの最終セクターが少し散らかってしまった。前のフェルスタッペンから少し煙が上がっているのが見えたし、集中力を失うには十分だった。今日のフリー走行の後、メルセデスとは戦えないまでも、レッドブルを倒すことはできるともう少し期待していた。僕たちの方が遅かったとは思わないけど、重要な時にラップをまとめられなかった。路面コンディションを先読みしようとして少しアグレッシブになっていたかもしれない。今夜は少しやり過ぎだったけど、明日はそれが前向きに働くはずだ。それ以外のクルマの感触はいいし、今日はなんとか改善できていた。メルセデスは少し遠くにいるけど、明日はレッドブル勢の前に出られることを願っている。僕たちの方が柔らかいコンパウンドなので、スタートと1周目ではアドバンテージがあるはずだ」

6位:マックス・フェルスタッペン (レッドブル)
「今日の6番手にはかなりがっかりしている。予選はQ3までとてもうまくいっていたし、問題もなかったので、クルマには触らなかった。最後の走行ではハードにプッシュして、コンマ数秒縮めていたけど、ターン11の進入でロックアップしてしまった。あれがなかったら、3番手くらいにはなっていたと思う。ペースはあったし、クルマも良い感じだったのでちょっと残念だった。タイヤ戦略的にはグリッドのもう少し上位だったら良かったんだけどね。スーパーソフトでスタートするので、本当に力強いスタートを決めて、後続のクルマにも注意を払わなければならない。少し長めにコースに留まれるはずだけど、タイヤは高温の方が良く機能するみたいなので、レースのスタート時には合っているだろう。週末を通してペースはあったし、明日は確実に前に進み、前のドライバーたちに割って入ることを目指す。今日のことは忘れて、力強いレースをすることに集中し、また好成績でシーズンを締めくくりたい」

7位:ニコ・ヒュルケンベルグ (フォース・インディア)
「とても満足しているし、7番手は今日の僕たちにとって最大限の結果だったと思う。自分のラップには満足している。特に今週末は、FP1を外れて、最終プラクティスの半分を失っており、走行距離が不足していからね。予選にむけて、かなり難しくなると思ったけど、僕たちはセッション中にクルマに良い進歩を果たせたし、すべてのラップで本気でプッシュするための自信を得ていた。今シーズン、そして、フォース・インディアでの僕の時間を堂々と締めくることができるように明日も同じパフォーマンスを発揮できることを期待している。トップ6の前のクルマにはちょっと手が届かないかもしれないけど、とにかくやってみて、僕たちがどこまでいけるか見てみるよ」

8位:セルジオ・ペレス (フォース・インディア)
「チームにとっての結果には満足だ。グリッド4列目を占めたけど、自分自身のパフォーマンスにはあまり満足していない。もっと良い走りができたと思うからね。最後のラップで少しアンダーステアが出てしまい、それに対応するためラインを変えようとした。でも、全くうまくいかなかった。完璧なラップだったら7番手には入れていたはずだけど、ニコ(ヒュルケンベルグ)が目の前にいるし、チームにとっては素晴らしい結果だ。チームメイトとしての最後のレース、そして周りのマシンを倒して、いいかたりでシーズンを締めくくることを楽しみにしている。チャンピオンシップ4位で終わることは僕たちにとって本当に重要な目標だだし、ライバルより多くポイントを獲りたい」

9位:フェルナンド・アロンソ (マクラーレン・ホンダ)
「今日の結果には満足すべきだと思う。僕たちにとってはいい予選だった。ここは、いつも難しいコンディションだ。高温の環境下でフリー走行を行うものの、路面温度がずいぶん下がったときに予選に臨む。従って、実際にコンディションがどう変化するのか分からないまま、なにが起こるのかを予測し、少し状況が見えない中でセットアップ変更を行う必要がある。幸い、僕たちのマシンには競争力があると感じたし、Q3に進出して、今季最後の予選セッションで9番手に入ったことは、非常に前向きな結果だ。今日はマシンのパフォーマンスを生かし、実力を最大限に引き出すことができた。チャンピオンシップに関しては、下位チームからの大きな脅威はない。また、明日の決勝で今のポジションよりも上位で完走することは難しいだろう。なので、この最終戦を楽しんで、いくつかポイントを獲得し、今シーズンをいいかたちで終われるようにしよう」

10位:フェリペ・マッサ (ウィリアムズ)
「今日が楽な予選ではなかったことは確かだけど、結果には満足している。正直、タイヤに満足していなかったし、とにかく良いラップを出すために全力を尽くそうとした。Q2でとても良いタイムが出せたのが重要だった。Q3ではもう少し良いラップを期待していたけど、Q2ほどタイヤにグリップがなかったんだろう。予想していたポジションからそれほど遠くはない。他のクルマに対して僕たちに何ができるか見てみよう」

関連:【動画】 2016 F1アブダビGP 予選ハイライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1ドライバー | F1アブダビGP