F1 アメリカGP コメント
2016 FORMULA 1 UNITED STATES GRAND PRIX

1位:ルイス・ハミルトン (メルセデス)
「僕たちはとても一生懸命に仕事をしてきたし、この結果はチームのみんなにとって本当に良い報酬だ。今日は全てをまとめれたことに本当に満足しているし、アメリカで初めてポールポジションを獲得するこことができた。ずっと1コーナーがうまくいっていなかった。正しいラインを得るのが難しかったし、トラックのその部分でタイムを失っていたけど、今日はようやくうまくやれた。それをする正しいタイミングでね! 今週末は強いと感じているし、とにかく他のレースと同じように日曜日にアプローチするつもりだ。僕たちはロングランのペースだけでなく、スタートを固めるために多くの仕事をしてきたし、明日あの場所に戻るのを楽しみにしている」

2位:ニコ・ロズベルグ (メルセデス)
「Q3の最後の走行では良いラップを刻めたけど、残念ながら、ルイスはセクター1でさらにタイムを見つけていたので十分ではなかった。今年目にしてきたように予選ポジションは必ずしも重要ではないし、まだ明日のレースで勝つ大きなチャンスがあると思っている。1コーナーまでにルイスを捕えたいけど、それができなくても、トラックには多くのチャンスがある。アメリカGPで初勝利を挙げて日曜日の夜にここを離れることができたら素晴らしいだろうね」

3位:ダニエル・リカルド (レッドブル)
「予選に満足しているのは確かだ。今日僕たちが達成できるほぼベストな結果だったし、進行もうまくいった。僕たちはどんどん速くなっていった。僕たちはスーパーソフトでスタートするけど、周りはソフトなので、それがうまくいくことを願っている。どうなるかは疑わしかったけど、それをやったことには満足している。スタートで少し役に立って、ファーストラップでチャンレンジできることを期待している。おそらくスーパーソフトはソフトほどレンジが広くないので、少なくとも少ないラップでそれらを最大限に生かしたい。スタートで良いポジションに入って、トラフィックと戦うことなく自分のペースで走れることが理想だ」

4位:マックス・フェルスタッペン (レッドブル)
「2台が2列目に並ぶのは悪い結果ではない。予選の始まりは良かったけど、終わりはあまり良くなかった。スーパーソフトでのQ2には満足しているし、良いラップだったけど、そこから後はかなり難しかった。Q1の1回目の走行はOKだったし、とにかくビルドアップしていた。そのあとの2回目の走行も最終コーナーでオーバーステアによってタイムを失うまではいい感じだった。僕の前には3台マシンがいるし、レース中に何台か抜く必要がある。ソフトでのスタートが役に立つことを期待している。メルセデスは予選でかなり強いことを示していたし、倒すのは難しいだろう。後ろに焦点を置く必要がある。ダニエルと僕は異なる戦略でスタートするので、攻撃するか防御するかのオプションがあるし、エキサイティングなレースになることを期待している」

5位:キミ・ライコネン (フェラーリ)
「トップとのタイム差を見れば、今日の結果にはもちろん満足できない。僕たちはやれることをやったけど、僕たちのグリッドポジションは理想とは程遠い。今日はこれが現実だし、レースではもっと強くなければならない。昨日は正しいセットアップを見つけることに苦労した。僕たちはここでいろいろと小さなものを変更したし、今日はクルマのハンドリングはかなり良かった。僕たちはラップでスピードが不足しているし、速く走るためには全体的にもっと多くのグリップが必要だ。明日は長いレースになるだろうし、ロングランはそれほど悪くないので、今日の車よりも明日は良くなると思う。ベストを尽くすのは確かだし、力強いレースができることを期待している」

6位:セバスチャン・ベッテル (フェラーリ)
「あまり良い予選ではなかったし、レースではもっと良くなることを期待している。異なることを調べて、今日から学び、進むことができるはずだし、僕たちが前のクルマとのギャップに満足していないのは確かだ。僕にとってはベストなセッションではなかった。全体的にはOKだったけど、最終的に前のクルマと比較して少し失っている。明日は違った一日になると思う。最後のラップはちょっとアグレッシブ過ぎたかもしれない。少なくとも僕たちは鈴鹿の速いコーナーでかなりコンペティティブだったけど、なぜここでは逃しているのか、この時点ではちょっとした疑問符が残っている。でも、再び僕たちは全てのセクターで遅れをとっている。明日に関しては、様子を見てみるつもりだ。人々の裏をかく機会は常にあるけど、僕たちはその場で反応しなければならない。レースをスタートするタイヤという点で最初の戦略は用意してあるけど、僕たちには新しいタイヤが何セットかあるので、様子を見てみるつもりだ。面白いレースになるはずだ。タイヤデグラデーションは常に重要だ。明日はそれが大きな役割を果たすはずだ」

7位:ニコ・ヒュルケンベルグ (フォース・インディア)
「7番グリッドは今日得られた最高の結果だ。再び僕たちは3つのビッグチームの後の一番だし、現実的に予想できる場所だ。僕たちがここでパフォーマンスを発揮できるのはわかっていたけど、実は後ろのクルマとの大きなマージンにはかなり驚いている。レースではスタートと一周目が重要だし、トラブルを避けて、集中して、懸命にプッシュする必要がある。今夜は正しい戦略を選ぶことに集中していく。いくつか異なるオプションがあると思うし、どれがベストな機会を与えてくれるか見ていく必要がある。前と後ろとのギャップを見れば、ちょっと孤独な午後になるかもしれないけど、まったくそれは気にならない。とにかく力強い結果を残したいね!」

8位:バルテリ・ボッタス (ウィリアムズ)
「チームとして良い予選だった。僕たちは明日のレースのスタートでフォース・インディア勢に挟まれている。今日、彼らは僕たちよりもペースがあった。明日は異なるケースになることを期待している。長いレースになりすだし、僕たちのレースペースがあれば、彼らと戦えることはわかっている。フォース・インディアとは僅差でアグレッシブなバトルになると思うので、今日のプラクティス以降にセットアップ面で僕たちが果たした進歩が助けになることを期待している。彼ら2台の前に出るために全力を尽くす必要がある。勝てるバトルだ」

9位:フェリペ・マッサ (ウィリアムズ)
「今日の予選でのポジティブな点は2台がフォース・インディア勢の間にいることだ。明日のレースで彼らとレースをするには良い一だ。唯一不利な点はヒュルケンベルグのクルマとのギャップが望んでいたよりも大きいことだ。でも、このトラックでの僕たちのクルマは、ショートランよりもロングランの方がフィーリングがいいので、明日は助けになるはずだ。明日のレースでは特に戦略面で全てを正しく行い、獲得するポイントを最大化する必要がある」

10位:カルロス・サインツ (トロ・ロッソ)
「あの予選セッションで、今日僕が感じてるよりも満足することはできないよ! FP3は2度のパンクによってあまり走行時間が取れなくてかなり難しかったのに、突然Q2で素晴らしいラップをまとめることができてQ3に進出できたのはとにかく素晴らしいことだ。無線でポジションを伝えられたときは本当に嬉しかったよ! チームもとても喜んでくれていると思う。ターフなレース週末を過ごしていたので、間違いなく僕たちに必要なことだ。今日は2016年シーズンで忘れられない一日になるだろうね! 明日は厳しいレースになるだろうけど、ポイントを争うためにベストを尽くすよ!」

関連:【動画】 2016 F1アメリカGP 予選ハイライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1ドライバー | F1アメリカGP