ダニール・クビアト F1 2016 ベルギー
ダニール・クビアトが、F1ベルギーGPへの意気込みを語った。

ダニール・クビアト (トロ・ロッソ)
「スパ・フランコルシャンについて考えるとき、最初に思い浮かぶのはオー・ルージュだ。本当に楽しいコーナーだし、勇敢である必要があるね! そのあとのストレートはかなり長いし、ライバルをオーバーテイクするのにもってこいのスポットだ」

「そのあとターン5と6の速いシケインに到着して、ターン7の立ち上がりに備える必要がある。ターン12と13は速いシケインで、ラップの最後まで全開で走るにはターン14の立ち上がりが重要になる。非常に特別なトラックだし、本当に楽しい。高速、勾配変化、多くの速いコーナーがあって、ドライバーにとってはとてもエキサイティグだ。特にセクター2は、多くのクールなコーナーを含めて最も楽しい部分だ。またあそこでレースをするのが待ち切れないよ!」

関連:2016 F1ベルギーGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニール・クビアト | トロ・ロッソ | F1ベルギーGP