カルン・チャンドック
カルン・チャンドックは、2012年にF1でサードドライバーを務めながらFIA世界耐久選手権(WEC)に参戦したいと考えている。

今年チーム・ロータスで金曜フリー走行に9回出走し、ドイツGPではレース出場を果たしたカルン・チャンドックだが、2012年にF1でフルタイムのコックピットを獲得する可能性はありそうもなりと認めており、ケータハムでサードドライバーの役割を務めつつ、世界耐久選手権でレースできることを望んでいる。

「金曜ドライバーを継続するチャンスはあるし、もちろんF1にいたい」とカルン・チャンドックは AUTOSPORT にコメント。

「2012年にF1でレースシートを獲得するのはほぼ不可能だし、そうなるとは思っていない」

「でも、もう1年傍観しているのは良いことではないし、再びレースをしなければならないのはとても明白なことだ。F1カレンダーとは1戦しかぶつかっていないので、金曜日に走ながら、LMP1プログラムとそれを結合できれば、腕が鈍らないようにしておくことができる」

「ル・マンは、競争しておきたいレースのひとつだ。僕はモナコ、マカオ、スパ、シルバーストンでレースをしてきたし、ル・マンはぜひやっておきたいリストの1つだ」

カルン・チャンドックは、WECで様々なチャンスを探っているが、プライベートチームで走った方がそのような種類のレースでは経験を得られると考えている。

「スポーツカー・レーシングについて多くのことを学べると思っている。誰もがワークスチームでスタートしたいと思うだろうけど、彼らはすでに強力なドライバーラインナップを抱えている」

「非常に異なるタイプのレースだ。学ぶことができる良いチーム、十分に経験のあるチームメイトとLMP1で走りたい。多くの選択肢がある」

「i1シリーズ、スポーツカー、そしてサードドライバーと、十分に忙しさを保てるはずだ」


関連:
i1 Super Series、リウッツィや山本左近を含む豪華ドライバーが参戦 - 2011年12月20日
トヨタ、2012年FIA世界耐久選手権(WEC)のドライバーに中嶋一貴を起用 - 2011年11月8日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルン・チャンドック | ル・マン24時間レース | WEC (FIA世界耐久選手権)