カルロス・サインツ
カルロス・サインツの父親は、レッドブルが2017年のカルロス・サインツのルノー移籍を拒んだと述べた。

カルロス・サインツの父親は、オランダのラジオ番組に出演し、カルロス・サインツがルノーのワークスチームのオファーを受けたかったとの報道を認めた。

「彼はトロ・ロッソを去る寸前だった。オファーは非常に興味深いもので、彼は興味を持っていた。特に3年契約にね」とカルロス・サインツSr.はコメント。

「だが、最終的にレッドブルは彼を手放さなかった。彼らはもう一年を望んだ」

「今後のシーズンがレッドブルによって良い年になるかもしれないし、彼らは何かが起こった場合に利用できる誰かを置いておきたかった。彼らにとってそれはカルロスだった」

「一方にはいいことだが、他方にはそうではなかった」

カルロス・サインツは2017年にレッドブルと強固な契約を結んでおり、レッドブルはトロ・ロッソに残すことを望んでいる。

「将来、彼がもっと競争的なチームにステップアップし、もう少し上位を争えることを願っている」とカルロス・サインツSr.は続けた。

「来年はカルロスにとってトロ・ロッソでの最後の年でなければならない。他チームに移籍するのはノーマルなことだ。4年連続でトロ・ロッソにいた人はいないからね」

「ルノーのようなチームに加入することは重要なステップだと思うが、将来、そのようなことが実現することを願っている」

また、カルロス・サインツSr.は、息子がグリッドの上位のチャンスを手にできるようにするにはレッドブル・ファミリーを去らなければならないであろうことを示唆した。

「レッドブルは、若いドライバーを今後3年間起用することを発表している。なので、将来はやや難しい。彼らのうちの一人が駄目になって去らない限り、レッドブルに昇格するのは難しいだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルロス・サインツJr. | トロ・ロッソ