BMW F1
BMWは、F1に復帰する計画はないと述べた。

BMWは、最初にウィリアムズ、その後、BMWザウバー時代と10年にわたってF1を戦った。

F1はリバティ・メディアが新たなオーナーに就任。FIAも2020年以降のエンジン規約について動き始めており、多くの自動車メーカーを引きつけようとしている。

また、最近ではマクラーレンが、将来のF1エンジンパートナーとBMWを見据えているとの噂が浮上した。

だが、BMWの広報担当者は 「2009年にF1撤退を決めたとき、それは会社の長期の戦略的な決定でした」と Autosport にコメント。

「我々はF1のリソースを代替パワートレインのR&Dに注ぎ込みたかった。それがBMWがやったことです」

「我々は電気自動車をリードするプレミアムカー製造者として自分たちを確立させました」

「我々はモータースポーツ界の発展を見ています。しかし、現在我々にはF1に再び参戦する計画はありません」

マクラーレン、BMWとのF1パートナーシップの噂を否定
マクラーレン BMW

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: BMW