ジュール・ビアンキ
ジュール・ビアンキの葬儀が21日(火)、故郷ニースのサン・レパラート大聖堂で営まれた。

葬儀には、多くのF1ドライバーやモータースポーツ関係者が参列し、25歳という若さでこの世を去ったジュール・ビアンキとの最期の別れを惜しんだ。

今週末にハンガロリンクで開催されるF1ハンガリーGPでは、26日(日)の決勝レースのスタート前に全員がジュール・ビアンキのために1分間の黙とうを捧げる。

また、ジュール・ビアンキが所属していた現マノー・マルシャは、ロベルト・メルヒとウィル・スティーブンスのF1マシンのサイドポッドに“ジュール”の名前を掲載する。

FIAは、ジュール・ビアンキが使用していたカーナンバー17を永久欠番にすることを発表している。

Jules Bianchi #JB17

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジュール・ビアンキ