角田裕毅、デ・フリースのアルファタウリF1加入はすでに負け戦?
2023年に3年目のF1シーズンを迎える角田裕毅には、まだ多くの疑問符が残っている。

マックス・フェルスタッペン以来、レッドブルのジュニアドライバーから現れた最もエキサイティングな才能として知られている角田裕毅は、しばしばスポットライトを浴びる活躍を見せてはいるものの、それを奪うほどの非常に厄介な不振も目立っている。

The Raceは最近、ピエール・ガスリーのアルピーヌF1チームへの移籍は、2023年の角田裕毅の進歩を判断するのがさらに難しくする主張している。

さらに今週の The Race F1 Podcastで、スコット・ミッチェル・マルムはさらに踏み込んで、角田裕毅はF1ルーキーのニュク・デ・フリースをチームメイトに迎えた今、自分自身を完全に証明することはほぼ不可能なタスクに直面していると断言した。

角田裕毅について「今年はチームメイトが誰かということで、負け戦に近い状態だ」とスコット・ミッチェル・マルムはコメント。

「彼がニック・デ・フリースを倒したとしても誰も気にしないだろう」

「多くの人がF1に行けないことをそれほど気にもしていなった20代後半のルーキーに勝ったからといって、角田裕毅に対する一般的な印象が大きく変わることはないだろう」

「私の意見というわけではないが、これは多くの人がデ・ブリースのような人物が登場するのをどのように見ているかを公正に反映していると思う」

「ブレンドン・ハートレーがF1に参戦したときと少し似ている。非常に優れたグランプリドライバーになることができる非常にまっとうドライバーがそこにいることを疑う良識のある人は誰もいないだろう」

「しかし、外部の認識はそれを完全には反映していない。角田裕毅がデ・フリースを倒したとしても、多かれ少なかれ誰が気にするんだ?」

「もし彼がド・フリースに負けたら、非難轟々だと思います。現職のドライバーとして、新進気鋭のドライバーとして新進気鋭のドライバーとして輝かしい評判のないF1初心者に負けるおとは、彼にとっては最悪の事態になるだろう」

角田裕毅が成功したと言えるのは、ニックデ・フリースに対して優位に立ち続けることだけだとスコット・ミッチェル・マルムは考えている。

「角田は今年、デ・フリースを簡単に打ち負かすしかない」とスコット・ミッチェル・マルムは続けた。

「予選で明らかに優位に立たなければならない。コンマ3秒の平均的なマージンでデフリースを圧倒しろとは言っているわけではない」

「しかし、平均してコンマ1秒、あるいはコンマ5秒のアドバンテージがなければならないし、デ・フリースを頻繁に圧倒しなければならないと思う」

「そして、レースでは、デフリースが圧倒的な強さを見せる瞬間があると思うので、角田裕毅は、デ・フリースと同じか、それ以上のピークを持たなければならないし、デフリースよりも安定していなければならない」

「角田は今年、チームリーダーとしての地位を確立しなければならないが、チームメイトが誰であるかによって、その状況は大きく変わってくる」。

マーク・ヒューズは、レッドブルとホンダの共同出資者である岩佐歩夢がF2で活躍していることで、角田裕毅へのプレッシャーが増していると付け加えた。

「角田がそれをしなければ、次はホンダのF2ドライバーである岩佐歩夢の番だ」とマーク・ヒューズは語る。

「彼らは角田にこだわる必要はないだろう」

「彼は今年、本当にパフォーマンスを発揮しなければならない。彼がその才能を秘めているのか、F1に入ったばかりで、少し煮え切らないところがあり、これから経験を積んで、有能だと思われていたドライバーになるのかどうかは、まだ判断がつかない」

「あるいは、少しホットでクールなそこまでのドライバーなのか。経験豊富なドライバーでも、そういう人はたくさんいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / アルファタウリ