角田裕毅 「父親はアルファタウリF1との契約延長を心配していた」
角田裕毅は、2023年のアルファタウリF1との契約延長の瞬間をどのように祝ったかについてポッドキャスト Tauri Talk で詳しく語り、良いニュースは、契約に関してさらに懸念を抱いていた父親を安心させられたことだと明かした。

今年、アルファタウリF1で2年目のF1シーズンを戦っている角田裕毅は、3年目となる2023年もアルファタウリF1への残留が決まった。

昨年、デビューシーズンのレース週末に多くのクラッシュやミスがあったため、2022年の残留が決まったことを“嬉しい驚き”だと語っていた角田裕毅。今年は、多くの努力と多くの献身の末、角田裕毅は改善への意欲を示しており、アルファタウリF1は契約延長でもう一度チャンスを与えることで信頼を示し、彼のハードワークに再び報いた。

嬉しいニュースを聞いた後、最初に誰に電話したかと質問された角田裕毅は「もちろん両親です」と語った。

「特に父は、それらのことについて少し心配していました」

角田裕毅は、両親は特にシーズンの後半について興奮していると語る。

「それに加えて、特に日本グランプリがありますからね」

契約延長をどのように祝ったかと質問された角田裕毅は「最近は自分のためにあまりお金を使っていません。それは良いことです。昨年に比べれば良いステップです。全体的に気分が良くりました」とし、ミラノに行って、お気に入りのレストランで日本食を食べたと続けた。

「いつも友人と行く日本人シェフのいる本格的な日本料理です。とてもおいしかったです」

角田裕毅の両親とピエール・ガスリーの両親
角田裕毅の両親とピエール・ガスリーの両親

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / アルファタウリ