アルファタウリF1の角田裕毅 「イタリアに転居する前はただの“怠け者”だった」
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、今シーズン序盤にイギリスからイタリアに転居したことで、F1レース週末への準備が改善され、生産性の高い日々がもたらされたと語る。

7年ぶりの日本人F1ドライバーとなった角田裕毅(21歳)は、開幕戦F1バーレーンGPで力強いデビューを果たし、9位入賞でフィニッシュして印象を与えた。

しかし、その後、角田裕毅、乱雑な予選セッションとレース、そして、奇妙なクラッシュで躓いた。この状況は、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコに、モナコグランプリの週末後に、角田裕毅をミルトンキーンズからファエンツァに転居させるという決定を促した。

この引っ越しによって、角田裕毅はアルファタウリ・ホンダのファクトリーに近くに住み、プロのレーシングドライバーとしての時間を有効に活用し、レースの準備に集中することができた。

「この引っ越しは、準備の面で助けになりました」と角田裕毅はAutosprintに語った。

「イタリアに来る前は、僕はただの怠け者でした。トレーニングの後、まっすぐ家に帰り、PlayStation 5の電源を入れて、一日中遊んで、ただ楽しんでいました」

「週末が近づくと、すべてを必死にやったような気になっていたのはそれが理由だと思います。始まってからレースウィークの準備をしていましたし、それではあまりに遅かったと思います」

「自分自身を他のドライバーと比較して、それについて考え、もっとたくさん準備するようになりました」

「僕はルーキーで、経験豊富なドライバーよりも多くの準備が必要でした。それ以来、いくらか有益なことをするようになったと思います」

「イタリアに引っ越してから、いくつかの面で改善が見られました。レース後、ファクトリーに戻ってレースを見直し、問題点を理解しました。このアプローチが違いを生みました」

角田裕毅のF1の冬休み中の計画には、バッテリーを“充電”するために日本に帰ることが含まれているが、2022年に改善を誓っているフィジカル面の準備のほとんどに時間が通夜されることになる。

「まず、日本に戻って充電します」と角田裕毅は言った。

「2月以来、日本に帰っていませんでした。本当に日本食が恋しいですし、まずはそこを充電しなければなりません」

「でも、同時に、もちろん、自分自身、特にフィットネス面を改善する必要があります」

「だから、もちろん、自分自身を向上させるためにそれらのことを推し進め、バーレーンでの最初のレースで2022年も良いスタートを切りたいと思っています」

「それがほぼオフシーズンも過ごし方になります。僕は、完全に休んだり、ビールを飲んだりすることはありません。厳しいオフシーズンになりますが、良いスタートを切るにはそういったことが必要です」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ