アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅、チームオーダーについて怒りの無線を釈明
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅が、F1ハンガリーGPでピエール・ガスリーのポジションを譲るように指示された後の怒りの無線について釈明した。

レース中盤に、アルファタウリ・ホンダF1は、ペースの速いピエール・ガスリーにポジションを譲るように角田裕毅にチームオーダーを出した。

実際、角田裕毅はチームオーダーそのものには問題を抱えていなかったが、その後、ピエール・ガスリーに前を塞がれているように感じた。

5位でフィニッシュしたピエール・ガスリーは、バルテリ・ボッタスによって引き起こされた1周目の1コーナーで多重クラッシュの犠牲者の一人であり、衝突を回避するためにコースを外れざるを得なかった。

また、リスタート時にルイス・ハミルトン以外がピットインした際には、ピットレーンでニキータ・マゼピン(ハース)にキミ・ライコネン(アルファロメオ)が接触したことで出口を塞がれた。

その後、見事なリカバリードライブを見せたピエール・ガスリーは、セバスチャン・ベッテルの失格を受け、角田裕毅より1つ前の5位に分類された。

最終的に、角田裕毅はポジションを犠牲にすることのない短いスピンを喫したことで、ピエール・ガスリーから12秒差でチェッカーを受けた。

しかし、角田裕毅は、ピエール・ガスリーとのマージンはもっと大きいはずだと思い、自分を抜いた後にもっとペースを上げる予想していた。

代わりに、F1デビューシーズンでカラフルな無線コメントで有名になった角田裕毅は、状況が彼自身のレースを危うくしていることに気づき、チームにすぐに知らせた。

「ピエールに急いでくれ、f*** off と言ってくれないか」と角田裕毅と無線で語り、ピエール・ガスリーが彼を引き離すことができないことで、“ダーティエア”にいると不平を言った。

レースエンジニアは「裕毅、我々はすべてを見ているので、頭を下げて集中してくれ」と変更した。

角田裕毅は、それは「ちょっとした誤解」だったと Motorsport-magazin.com に説明した。

「僕が実際に意味したことは…彼は僕の前で多くの間違いを犯し、自分自身にブレーキをかけ、コースから外れていた。彼は僕を引き離すことができなかった。それで、僕は汚れたダーティエアにいて、タイヤを台無しにした」と角田裕毅は語った。

「それで、僕はチームに、間違いをしないように、そして、引き離してくれと彼に言うように伝えた。その後、彼はそれ以上のミスをせずに引き離し、タイヤを壊さずに済むギャップができた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / F1ハンガリーGP / アルピーヌ