「角田裕毅はピエール・ガスリーと互角に戦える」とカーリン代表 / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たす角田裕毅は、2021年のいくつかのレースでチームメイトのピエール・ガスリーを強くプッシュすることになるとFIA-F2で角田裕毅が所属したカーリンの代表を務めるトレバー・カーリンは予測する。

角田裕毅は、カーリンが輩出する27人目のF1ドライバーとなるが、トレバー・カーリンは20歳の日本人ドライバーはF1で輝きを見せるだろうと語る。

「彼と一緒に仕事ができたのは本当に喜びだった」とトレバー・カーリンは言った。

「彼は1シーズンしかいなかったが、我々が期待していた以上だった。序列で彼がどの位置に行きつくかは時間が経てば分かることだが、彼には非常にエキサイティングな未来があると思う。F1環境に圧倒されてしまわない限り、彼がランド(ノリス/マクラーレン)がやっていることに匹敵できない理由は見当たらない。マックス(フェルスタッペン)のような実力もあるかもしれない」

「マシンを学んで理解するスピード、天性な能力を持っている。それは各チャンピオンシップに合わせて調整されてきたし、それが続いていくだけだと思う」

「彼がF2同じくらい速くF1を習得することができれば、F1がヨーロッパに戻る頃にはピエールと互角の勝負をしていると思う」

角田裕毅はF2をランキング3位に終えてF1にステップアップする。マクラーレンでF1デビューを果たす前に2018年にカーリンで戦ったランド・ノリスよりも1つ低い順位となる。

それでも、トレバー・カーリンは、角田裕毅は、2019年のランド・ノリスと同じくらいF1に挑戦する準備ができていると語る。

「もちろん、疑いの余地はない」とトレバー・カーリンは語った。

「彼はランドに比べて少し経験が不足しているが、全体的なペースとレーシングカーの運転についての理解は同じレベルにある。彼がF1に進む準備ができているのは確かだ」

「裕毅の強みはとても速く学べることだ。実際、F1ではF2よりもはるか多くのプラクティスができるし、助けになるはずだ」

「彼は多くの新しいトラックに行かなければならなかったが、彼はスピードを上げるのに何の問題もなかった。例えばソチでの彼は速かった」

「非常に期待している。最初の数ラウンドでいくつかの事件を起こすかもしれないが、それが終われば、彼は人々に衝撃を与える可能性があると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / ピエール・ガスリー / アルファタウリ