ウィリアムズ FW34
Williams FW34
ウィリアムズの2012年F1マシン「FW34」は、15年ぶりにルノー製エンジンを搭載。新テクニカルディレクターのマイク・コフランのも新しいデザイン哲学が注入されたFW34は、昨年マシンからのキャリーオーバーは5%以下となっている。

ウィリアムズ FW34 主要諸元表

シャシーカーボン・エポキシ&ハニカム・コンポジット構造のモノコック/FIA規定の衝撃・強度基準
フロントサスペンションカーボンファイバー製ダブルウィッシュボーン、コンポジット・トーリンク&プッシュロッド式アクティベーテッド・スプリング&アンチロールバー
リアサスペンションダブルウィッシュボーン、プルロッド式スプリング&アンチロールバー
トランシミッションウィリアムズF1製7速シームレスシーケンシャル、セミオートマチック&リバースギア、電子油圧駆動
クラッチカーボン・マルチプレート
ダンパーウィリアムズF1製
ホイールレイズ製鍛造マグネシウム
タイヤピレリ(前幅:325mm/後幅:375mm)
ブレーキシステムAP製6ピストンキャリパー、カーボンディスク&パッド
ステアリングウィリアムズF1製パワーアシスト・ラック&ピニオン
燃料システムALT製ケブラー強化ゴム
電子システムFIA標準電子コントロールユニット
冷却システムアルミニウム製オイル、冷却水、ギアボックス・ラジエーター
コックピット75mmショルダーストラップ付6点式安全ハーネス&HANSシステム、アルカンターラで覆った取り外し可能なカーボンファイバー製シート
エンジンルノー 2.4L V8

ディメンション

全長5,000 mm
全幅1,800 mm
全高950 mm
ホイールベースFIA最大幅
車両重量FIA最低重量


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ