ウィリアムズF1代表 「ローガン・サージェントは速いと確信している」
ウィリアムズ・レーシングのF1チーム代表ヨースト・カピートは、ローガン・サージェントにはF1で「素晴らしい未来」が待っているが、F1デビューする2023年には成長する余地を与えられなければならないと考えている。

ローガン・サージェントは、今シーズンのFIA-F22選手権をトップルーキーのランキング4位で終えた後、2023年にウィリアムズでF1にステップアップする。

2015年以来のアメリカ人F1ドライバーとなるローガン・サージェントは、2019年F2チャンピオンのニック・デ・フリースと2021年F2チャンピオンのオスカー・ピアストリという3人のルーキーのうちの1人となる。

「我々は彼の進歩を目にしてし、シーズン半ばに彼がスーパーライセンスポイントを獲得できれば、彼ができるだけ早くF1に参入するのは正しいステップであるという結論に達した」とヨースト・カピートは語った。

「ローガンはチームに若さをもたらすだろう。もちろん、彼には経験がないが、急な学習曲線になると確信している」

「F1は他のすべてのシリーズに比べて非常に複雑であるため、来年のローガンへの期待を抑える必要がある。彼に成長の機会を与え、ミスを犯す機会を与えなければならない。だが、彼は非常に速いと確信している」

「彼は2022年シーズンに大きく成長した。我々のアカデミーチームも素晴らしい仕事をしてくれた。彼はドライビングだけでなく、トレーニングやメディアスキルも向上さたし、全体として彼は完成されたドライバーになり、F1に行く準備り、次のステップに進む準備ができている。改善すれば、彼には素晴らしい未来があると確信している」
ローガン・サージェントは、ウィリアムズF1で2シーズン目、キャリア4シーズン目のアレクサンダー・アルボンとチームを組む。

「アレックスとローガンはチームメイトとなるが、ローガンは多くのことを学ばなければならないと確信しているし、アレックスは彼が学ぶのを助けるだろう」とヨースト・カピートは語った。

「シーズン中に両方が非常に競争力を持ち、ローガンが少なくとも予選でアレックスに挑戦できるようになることを願っている。レースではもう少し時間がかかるだろうが、シーズンの終わりには両方のドライバーが競争力を持っていれば素晴らしいだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / ローガン・サージェント