ウィリアムズF1代表 「ミック・シューマッハは2023年のドライバー候補」
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピートは、ミック・シューマッハに2023年シーズンに向けてハースF1チーム以外にもオプションがある可能性があるという希望を与えた。

ハースF1チームを放出され、同時にフェラーリの育成アカデミーからも脱落する危険にさらされている23歳のミック・シューマッハは、F1でのキャリアを維持するための選択肢がなくなったように見えた。

しかし、来年ニコラス・ラティフィの後任としてミック・シューマッハはまだ候補として残っているかと質問されたウィリアムズ・レーシングのチームプリンシパルであるヨースト・カピートは「もちろん、イエスだ」とRTLにに語った。

「ミックはオプションだ。彼はF1にとどまるに値する。それが起こるかどうかは分からないが、彼は間違いなく我々の選択肢だ」

「彼は今、本当に前進しているし、非常に優れたF1ドライバーになるかもしれない。ジョージ・ラッセルを見れば、彼はウィリアムズでルーキーとしてミスを犯したが、それでも成長した」

「F1は非常に複雑で、F2からのステップアップは非常に大きい。マシンは非常に複雑で技術的に要求が厳しいからだ」

「ドライバーに2年与えて、3年目に何ができるかを示さなければならない」

ウィリアムズF1と“シューマッハ”は魅力的な組み合わせのように聞こえるかと質問されたヨースト・カピートは「それは確かに魅力的だろう」と認めた。

しかし、ヨースト・カピートは、ハースF1チームと同じようにウィリアムズF1チームには2023年に向けて他にも複数のオプションがあると主張する。

「我々に関しては、もう少しオープンです」とヨースト・カピートは語った。

「そうだね、ローガン・サージェントもリストに載っている」

「しかし、決定はおそらくシーズン後になるだろう。アブダビの直後か1~2週間後になると思う」

F1日本GPに先立って、アルファタウリは、ニック・デ・フリースが2023年からレッドブル陣営に加わり、ピエール・ガスリーがアルピーヌF1チームに移籍することを発表する準備ができていると考えられている。

「市場全体が動いています。毎日何かが変わる」とヨースト・カピートは語った。

「我々は自分自身にプレッシャーをかけているわけではないが、それは我々がもっと早くに決定を下すことができないという意味ではない」

例えば、ニック・デ・フリースとアルファタウリの契約が成立しなければ、デ・フリースはウィリアムズのF1シートのポールポジションに躍り出るだろう。

「我々だけではない。他チームもニックに非常に興味を持っている」

「彼がどのような決定をするかを見なければならない。まだ決定することはでないし、したくもない。彼が事前に別のチームに参加することを決定した場合はそれで構わない」

ヨースト・カピートは、アレクサンダー・アルボンが“経験豊富”なドライバーであるという事実は、ウィリアムズが来年、経験の浅いチームメイトを選ぶ余裕があることを意味すると述べた。

「ウィリアムズが置かれている状況では、長期的に信頼でき、コントロールでき、他チームのためにトレーニングすることを心配しない若いドライバーを見ることができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ