ウィリアムズF1 「アルピーヌはピアストリにラッセル型の契約を望んでいる」
ウィリアムズF1は、オスカー・ピアストリが2023年にニコラス・ラティフィの後任候補リストのトップにいることを隠していない。

ニコラス・ラティフィは、2023年のウィリアムズのF1シートを失う可能性が高いことをもはや隠しておらず、チーム代表であるヨースト・カピートはチームが「どの契約が切れるか」を見守っていることを認めている。

「来年はさまざまな選択肢があり、我々はチームのためにベストなことをしなればならない」とヨースト・カピートは付け加えた。

これらの選択肢の中で最も明白なのは、ルノーが所有するアルピーヌF1チームと契約を結んでいるF2チャンピオンのオスカー・ピアストリだ。

ヨースト・カピートは、アルパインF1チームとコンタクトがあることを認めている。

「ジョージ・ラッセルは、今のオスカーと似たような状況だった。彼はメルセデスドライバーとしてシートが必要であり、メルセデスは彼がメルセデスで走ることができるように経験を積むことができるシートを彼のために探していた」とヨースト・カピートはntvに語った。

「アルピーヌは今、ピアストリでも同じことをしたいと思っている」

ヨースト・カピートは、オスカー・ピアストリのウィリアムズF1への“ローン移籍”」は「確かに可能性はあり、疑いの余地はない」と認めている。

「しかし、我々は将来を見据えなければならない。本当にトップになりたいのなら、自分自身のドライバーを抱えていなければならない」

オスカー・ピアストリをウィリアムズにローン移籍させる可能性について質問されたアルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは「ヨーストに質問するのがベストだと思う」と答えた。

「しかし、若いドライバーの1人が他のF1チームに求められているのは素晴らしいことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / アルピーヌ / オスカー・ピアストリ