ナイジェル・マンセル、F1タイトル獲得マシン『ウィリアムズFW14B』で走行
1992年のF1ワールドチャンピオンであるナイジェル・マンセンが、6月26日(日)にグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでウィリアムズFW14Bのスタアリングを握った。

1992年シーズンの最終戦オーストラリア以来、ナイジェル・マンセルがウィリアムズFW14Bを運転したのは今回が初めてとなる。この車はF1史上最も歴史的で支配的なマシンの1台であり、マンセルは30年前に16戦中9レースで勝利を収めている。

パトリック・ヘッド、エイドリアン・ニューウェイ、パディ・ロウからなるチームによって設計されたこの車は、アクティブサスペンション、セミオートマチック・ギアボックス、トラクションコントロールで武装され、圧倒的な強さを誇った。

ナイジェル・マンセルは日曜日にウィリアムズFW14Bのステアリングを握る前に、グッドウッドで彼の古いフェラーリのF1マシンを何台か運転した。

「結婚記念日にグッドウッドに来て、この車をもう一度見るだけでなく、この丘を上る旅ができることは、ウィリアムズと私にとって非常に特別な瞬間だった」とナイジェル・マンセルは語った。

「チームと一緒にここにいることに興奮している。この並外れたレースカーのハンドルを握ることができて良かった」

「世界中のファンの前でドライブするのはとても感動的な瞬間であり、私が大切にしている思い出だ」

ナイジェル・マンセルは、F1の歴史の中で最も成功したドライバーの1人であり、31回のグランプリ優勝、32回のポールポジション、59回の表彰台、そして、1992年のドライバーズタイトルを獲得している。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ