ウィリアムズF1、“目に見える違い”の大幅アップグレード投入が最終段階
ウィリアムズF1は、2022年シーズンの最初のメジャーアップグレードを準備する最終段階にあると語る。これは既存のFW44に目に見える違いをもたらすはずだ。

ウィリアムズF1は、メルボルンとマイアミでポイントを獲得したが、シーズンの最初の8レースで大きなアップグレードがなく、ライバルと比較して後退した。

前戦バクーでは、アレクサンダー・アルボンが12位でレースを終え、ニコラス・ラティフィはスタート前の許可された時間の後にメカニックが車に触れたため、10秒のストップゴーペナルティを渡された後、最下位でレース全体を走った。

ウィリアムズF1は、今週末のカナダグランプリにむけて新しいことは何もないが、車両パフォーマンスの責任者であるデイブ・ロブソンは、アップグレード投入までそれほど遠くないことを約束した。

「パッケージは準備中だ。正確に投入する時期は今後数日で明らかになることを期待している」とデイブ・ロブソンはコメント。

「我々は決定しており、今それは風洞からコミットされた。今は、できるだけ早く製造することが課題になっている」

「明日、車にダメージを与えないことでそれが助けられることを願っている。それは明らかに注意しなければならないことだ」

ウィリアムズF1は、アストンマーティンが最近行った一連のアップグレードで経験したのと同じようなレースペースの向上を望んでいる。

デイブ・ロブソンは、制限された予算上限内で作業しているため、すべてのチームが「支出に見合う最高の価値を手に入れている」ことを確認する必要があると述べ、作業はチップからテールまでの包括的なレビューであると述べた。

「実際にフロントウィングから始めて、後部まで作業している」とデイブ・ロブソンは語った。

「短期的および今シーズンの残りの部分に関して、今見ることができるものとはわずかに異なる - 目に見えて異なる -コンセプトにコミットしていると思う」

デイブ・ロブソンは、新しいパーツの代わりに、初ホームグランプリに参加するカナダ人ドライバーのニコラス・ラティフィを支援する地元のファンのサポートによって今週末に後押しされることを望んでいる。

「カナダグランプリは、パンデミックによって過去2年間不在だったのでカレンダーへの復帰は非常に歓迎されている」とデイブ・ロブソンは言いました。

「ニコラスにとって、F1カレンダーに対する最近の新型コロナウイルスの中断は、このイベントが彼の最初の完全なホームF1週末をマークすることを意味する。チーム全体が、ニコラスが受ける地元のサポートを楽しみにしている」

「チームとして、我々はそこにいることを楽しみにしている。サーキットのレイアウトは、良いレースとオーバーテイクに役立ち、複数のスティント戦略を生み出す」

「2~3年サーキットを見ていなかったので、最後にそこにいたときからターマックがどのように進化したかを見る必要があるだろう」

「サーキットレイアウトとターマックラフネスの組み合わせにより、このサーキットはタイヤの挙動の点でユニークだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ