ウィリアムズF1、故フランク・ウィリアムズ卿 追悼カラーリングで出場 / F1サウジアラビアGP
ウィリアムズF1は、今週末のF1サウジアラビアGPで故フランク・ウィリアムズ卿を追悼する特別カラーリングのFW43Bで出場する。

ウィリアムズF1の創設者であるフランク・ウィリアムズ卿は、11月28日(日)に79歳でこの世を去った。彼のリーダーシップの下、ウィリアムズF1は合計16のワールドタイトルを獲得し、F1に目覚ましい遺産を残した。

今週末のF1サウジアラビアGPは、チームにとってフランク・ウィリアムズ卿がこの世を去って最初のグランプリとなる。

ウィリアムズF1は、プレスリリースで「創設者で元チームプリンシパルであるフランク・ウィリアムズ卿が79歳で亡くなった後、我々は心を込めて臨みます。フランク卿は根っからのレーサーでした。私たちは今週末、彼に敬意を表してレースを行い、彼の並外れた人生を祝うために数多くの賛辞を計画しています」と語った。

デイブ・ロブソン(車両パフォーマンス責任者)
「先週末の悲しい出来事は、ウィリアムズ組織の創始者であるフランク・ウィリアムズ卿がいない最初のレース週末であることを意味する。彼はここ数年トラックにいることは滅多になかったが、それでもガレージで強い存在感を示していた。彼の情熱、強さ、そして、熱意は、彼の名前を冠したマシンでレースするのに幸運な我々に追加のモチベーションを提供していた。先週末に1つの時代は終わりを告げたが、フランクの遺産は存続する。我々は彼の記憶を誇りとインスピレーションの源として生かし、彼が期待していたマナーでレースを続ける。我々はウィリアムズ家に心からお見舞いを送り、彼の伝説を尊重し続けることで彼らに安心させていく」

「2021年のF1チャンピオンシップの最後から2番目のラウンドのために、我々はまた新しい会場へと向かう。真新しいジェッダ・コーニッシュ・サーキットは、サウジアラビア王国の近代的な港湾都市ジェッダの紅海のそばにある。このサーキットはカタールのロサイル・サーキットとは大きく対照的で、非常に長いラップと多数の高速スイープコーナーが特徴であり、すべてストリート・サーキット内に設定されている。新しく敷設された路面がどれだけのグリップを提供するかを確認する必要があるが、コーナーの自然なレイアウトは、それが非常に高速なサーキットであることを意味しており。ドライバーはそれを楽しんで、1回の全かいの予選ラップから多くの満足を得るだろう」

「投光照明の下での遅いセッションは、視認性、そして、マシンとタイヤの挙動の両方の観点から、イベントの大きな特徴となるだろう。セットアップとタイヤの使用にはさまざまなアプローチが期待できる。土曜日の夜間の予選セッションに向かうときには、まだ大部分のドライバーはマシンのセットアップを改良している可能性がある。各ラップが6kmを超えると、ドライバーは予選前に各コーナーシーケンスであまり多くの試みをすることはなく、これはプレッシャーを増し、最も順応性があり本能的なドライバーが優れていることになるエキサイティングなセッションを提供するのに役立つ」

「ストリートサーキットのセットアップを認識して、ピレリはコンパウンドレンジの真ん中からタイヤを提供する。これにより、日曜日に良好なレベルのグリップと複雑な戦略の可能性が確保される」

「2021年の長いシーズンの残り2レースで、我々はFW43Bの能力のすべてを引き出し、2022年に向けてポジティブな勢いでシーズンを締めくくることに重点を置いている。サウジアラビアやアブダビでは悪天候は見られない。タイヤのパフォーマンスを最大化し、ドライバーにマシンを絶対的な限界までプッシュするためのベストな機会を与えることに集中する必要がある。我々は基本的なレースエンジニアリングスキルに依存する必要があるだろう」

ジョージラッセル
「フランク卿が亡くなった後、今週末にサウジアラビアに向かうのは非常に悲しいことだけど、チームとして僕たちは敬意を払い、彼が僕たちに望んでいるとわかっている方法で彼を称えることを決意している。レースによってね。イギリスのスポーツという点で、フランク卿は非常に重要な人物だった。彼が直面した逆境のためだけでなく、彼の事故の後にチームが達成し続けた成功のためにね。彼はとても多くの人が尊敬していた人物だった。彼はファクトリー全体を車椅子で回っていた。そして、彼が周りにいるときはいつでも部屋にその存在感があった。チームは本当に彼らの仕事に取り掛かり、とても献身的になるように動機づけられた。それが彼という人間だった」

「トラックに関しては、ジェッダ・コーニッシュ・サーキットを初めて見るのを楽しみにしている。高速で運転する爽快なトラックになるに違いない。それとストリート・サーキットで壁が近いことと相まって、マシン内外を問わずスリル満点の光景になると確信している。今シーズンのこの最後のダブルヘッダーに向けて、チームとしての僕たちのフルの焦点はコンストラクターズチャンピオンシップでのポジションを強化することに引き続き注力しているし、それを実現するためにすべてを出し切るつもりだ」

ニコラス・ラティフィ
「今週末、チーム全体がフランク卿のためにレースをすることは間違いない。F1への彼の貢献は過小評価することはできないし、世界の舞台で彼の名前を代表することは名誉だった。チームをグリッド上位に返り咲かせるために、僕たちは引き続き懸命に努力していく」

「ジェッダ・コーニッシュサーキットを体験し、また新しいトラックを発見するのを楽しみにしている。ストリート・サーキットは常にエキサイティングだ。タイトな街の壁の間を運転するのは追加のチャレンジではあるけど、そこから得られる追加のアドレナリンはそれを本当に楽しいものにする。シミュレーターで経験した感じでは、サーキットの高速性は物事を非常に激しくするだろう。コーナーはたくさんありるけど、そのほとんどがとても速いので、ドライブするにはエキサイティングなトラックだと思う。僕にとって夜に開催されるの初めてのストリートレースだし、それは取り組むことを楽しみにしているもう1つの興味深い要素を追加する」

ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズF1)ジョージ・ラッセル(ウィリアムズF1)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1サウジアラビアGP