フランク・ウィリアムズが79歳で死去…ウィリアムズF1の創設者
ウィリアムズF1の創設者として伝説的なF1チームオーナーであるフランク・ウィリアムズが79歳でこの世を去った。

フランク・ウィリアムズは金曜日に入院し、日曜日の朝に家族に看取られながら亡くなった。

「今日、我々は、非常に愛され、インスピレーションを与えたフィギュアヘッドに敬意を表します」とウィリアムズ家は声明で述べました。

「フランクはひどく惜しまれるでしょう。今はウィリアムズ家のプライバシーへの願いを尊重してくれることをすべての友人と同僚にお願いしたいいたします」

ウィリアムズ・レーシングのチーム代表であるヨースト・カピトは、フェラーリとマクラーレンに次ぐグランプリレースの歴史の中で3番目に成功したチームを創設したフランク・ウィライムズに心からの敬意を表した。

「ウィリアムズ・レーシングチームは、創設者のフランク・ウィリアムズ卿が亡くなったことに本当に悲しんでいます」とヨースト・カピトは語った。

「フランク卿は我々のスポーツの伝説でありアイコンでした。彼の死は我々のチームとF1のスポーツの時代の終わりを示しています。彼は他に類を見ない真のパイオニアでした」

「彼の人生にはかなりの逆境があったにもかかわらず、彼は我々のチームを16のワールドチャンピオンに導き、我々をスポーツの歴史の中で最も成功したチームの1つにしました」

「誠実さ、チームワーク、激しい独立と決意を含む彼の価値観は、我々のチームの中心的な精神であり、我々が誇らしげに競争しているウィリアムズ家の名前と同様に、彼の遺産です」

「我々の考えは、この困難な時期にウィリアムズ家とともにあります」

F1の最高経営責任者であるステファノ・ドメニカリも、真のモータースポーツの“巨人”であるとしてフランク・ウィライムズに敬意を表した。

「今朝、クレア・ウィリアムズから、彼女の最愛の父、フランク・ウィリアムズ卿が亡くなったという非常に悲しいニュースを知らせるように電話がありました」とステファノ・ドメニカリは語った。

「彼は我々のスポーツの真の巨人であり、人生で最も困難な課題を克服し、トラックの内外で勝つために毎日戦いました。我々はF1ファミリーの非常に愛され尊敬されているメンバーを失いました。彼は大いに惜しまれるでしょう。」

「彼の信じられないほどの業績と個性は、我々のスポーツに永遠に刻み込まれます。私の考えは、この悲しい時期にすべてのウィリアムズの家族と友人とともにあります」

フランク・ウィリアムズは、1977年にウィリアムズを設立し、グローブを拠点とするチームを率いて、7回のドライバーズタイトルと9回のコンストラクターズチャンピオンシップを獲得した。

2013年シーズンに先立ってチームの日々の運営責任をクレア・ウィリアムズに引き渡したフランク・ウィリアムズだが、その後もチームプリンシパルの役割を維持し、2019年には50年目を迎えた。

チームへの関与を縮小したフランク・ウィリアムズだが、2016年に肺炎にかかるまで定期的にグランプリに参加していた。2019年のF1イギリスGPではシルバーストンでチーム代表就任50周年を祝い、その後、F1ベルギーGPにも出席していた。

だが、2020年にウィリアムズ家はチームの株式を米国の投資会社ドリルトン・キャピタルにチームを買収。モンツァで開催されたF1イタリアGPを最後にチーム、そして、F1を離れた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ