ジェイミー・チャドウィック、Wシリーズ2冠達成「究極の目標はF1」
ジェイミー・チャドウィックは、2回目のWシリーズのチャンピオンを獲得した後、F1に「一歩近づいた」と語る。

開発ドライバーとしてウィリアムズF1チームに携わっているジェイミ・チャドウィック、女性だけのレースシリーズであるWシリーズのシーズン2に参戦。初代チャンピオンである彼女は、最終戦でも2連勝を果たして4勝を挙げて159ポイントを獲得。2位のアリス・パウエルに27ポイント差をつけてタイトルを獲得した。

タイトル獲得によって、ジェイミー・チャドウィックは、F1参戦に必要なスーパーライセンス発給のための40点のスーパーライセンスポイントを見大した。

「F1はまだ究極の目標です」とジェイミ・チャドウィックは BBC Points West に語った。

「そこにたどり着くまでにはまだ多くのことを達成する必要がありますが、今週末以降は間違いなく一歩近づいたように感じています」

ジェイミー・チャドウィックは、Wシリーズでの結果に満足しているが、2022年シーズンに戻るかどうかわからないと語る。

「シリーズで達成できることを達成したような気がします。与えられたプラットフォームを使用して、より大きく、さまざまなことに進みたいと思っています」とジェイミー・チャドウィックは語った。

「まだ確認されていませんし、まだ何もコミットされていませんが、いくつかの計画があり、シリーズをプラットフォームとして使用できるようになることを願っています」

「Wシリーズが私たちに主張していることは、この大きなプラットフォームを私たちに提供することです。シーズンの裏側では、プラットフォームがこれまで以上に大きくなり、チャンスもこれまで以上に大きくなっているように感じます」

「走って、パフォーマンスを発揮して、必要な仕事をするのは私次第ですが、今はチャンスがあるように感じています」

ジェイミー・チャドウィックはウィリアムズF1のキャリアへのサポートに触れ、将来的にチームでの役割を拡大したいと述べた。

「彼らは私がやろうとしたことすべてと先週末の準備のために私がした多くの仕事を信じられないほどサポートしてくれました。彼らは私をサポートし、本当に助けてくれました」とジェイミー・チャドウィックは語った。

「彼らとそのような関係を築くことができて私は非常に幸運です。また、開発ドライバーとして、週末のレースでも彼らをサポートするためにシミュレーターで多くの仕事をすることができます」

「それがあるのは素晴らしいことです。私はとてもラッキーです。参加できてとても幸せなチームです。その役割をさらに追求することを楽しみにしています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ