ウィリアムズF1、エイトケンをシュタイアーマルクGPのFP1で起用
ウィリアムズF1は、今週末のシュタイアーマルクGPのFP1セッションでリザーブドライバーのジャック・エイトケンがグランプリ週末デビューを果たすことを発表した。

今年、カンポスからF2に参戦するジャック・エイトケン(24歳)は、2018年と2019年にルノーのF1マシンをテストしているが、今季から加入したウィリアムズの2020年F1マシンはまだテストしていない。

2020年のF1世界選手権はインシーズンテストが予定されておらず、ウィリアムズF1はフリー走行で若手に走行経験を積ませることに熱心だ。

ウィリアムズF1の車両パフォーマンス責任者であるデイブ・ロブソンは、そのセッションがチームがジャック・エイトケンを評価する機会を提供すると語る。

「天候が許せば、完全なレースディスタンスにわたっていくつかの代替アプローチをテストする稀な機会になるだろう」とデイブ・ロブソンは語った。

「金曜日に我々はジャック・エイトケンにFW43の初めての経験を与える。彼はFP1でジョージ(ラッセル)のマシンを走らせる」

「ジャックはグローヴのエンジニアと懸命に仕事をしてくれている。集中的なテストプログラムを続ける間、トラックで彼と一緒に作業できることを楽しみにしている」

ジャック・エイトケンは、FP1での走行について「信頼してくれていることを光栄に思うし、十分に基礎ができていることを示したい。任せとけ!」とTwitterに投稿した。

アイトケンは彼のFP1の外出のニュースにTwitterの投稿で反応した、彼はそれが「信頼され、それが十分に設立されていることを示すことを決意したことを光栄に思っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1オーストリアGP