ウィリアムズF1、2020年F1マシン『FW43』のカラーリングに“赤”を追加
ウィリアムズF1チームのドライバーであるジョージ・ラッセルは、2020年F1マシン『FW43』のカラーリングに“赤”が追加されることをリークした。

ウィリアムズは、プレシーズンテスト2日前となる2月17日の英国時間8時に2020年F1マシン『FW43』の画像を公開することを発表するが、最新のディザー映像では差し色で赤が配置されるなど、赤が追加されることを匂わせていた。

ウィリアムズF1チームと同じ電気通信会社のロキット(ROKiT)をメインスポンサーを務めているベンチュリー・フォーミュラEチームは、同社のメインカラーである赤をマシンのメインカラーとしている。

ジョージ・ラッセルはInstagramに画像を投稿。「僕はスパイ・・・〇」と赤が追加されることを匂わせ、わずかに写り込んだカラーリングが施されたFW43のサイドポッド部分には赤のカラーリングが確認できる。

ウィリアムズにとって赤をメインにすることは、これまでの青と白のカラーリングの伝統を破ることを意味することになる。だたし、1998年と1999年にはタバコ企業のWinfieldをスポンサーに迎えて赤をメインにしたカラーリングを採用している。

ウィリアムズは、プレシーズンテスト2日前となる2月17日の英国時間8時に2020年F1マシン『FW43』の画像をオンライン上で公開する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1マシン / ジョージ・ラッセル