ウィリアムズ、2020年F1マシン『FW43』がクラッシュテストに一発合格
ウィリアムズF1チームは、2020年F1マシン『FW43』がFIAのクラッシュテストに一発合格を果たしたことを明らかにした。

昨年、ウィリアムズF1チームはグリッド最後列が定位置であり、ロバート・クビサが1ポイント、ジョージ・ラッセルはノーポイントでシーズンを終えた。だが、副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、チームは一歩一歩進んでいると語る。

「冬の間、我々は特に空力を中心にパフォーマンスを見つけることに関していくつかの非常に厳しい目標を設定し、次にいくつかのメカニカルな問題についても作業してきました。それらは順調に進んでいます。もちろん、現在の重要な目標は、信号はグリーンになったときに時間通りにマシンをテストする。それが起こるという絶対的な自信があります」とクレア・ウィリアムズは語った。

昨年のウィリアムズにとてプレシーズンテストに間に合わなかったことが最大の問題のひとつだった。昨年は何度もクラッシュテストに失敗している。

「私たちにとって成功の最初の兆候のひとつは、すべてのクラッシュテストに合格したことです。昨年は多くのテストで失敗しましたが、そのほとんどが最初の試みで捕獲しました。失敗は明らかにシステムにさらに大きなプレッシャーを与えます。なぜなら、マシンを出すことを心配するよりも、むしろクラッシュテストに対処する必要があるからです。なので、それは冬の間の我々にとって良いマイルストーンでした」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1マシン