ウィリアムズF1、2020年のニコラス・ラティフィの起用を発表
ウィリアムズF1チームは、2020年のF1ドライバーとしてニコラス・ラティフィを起用することを発表。ジョージ・ラッセルとチームを組む。

今年F2に参戦するニコラス・ラティフィは、ウィリアムズのリザーブドライバーとして6回のFP1セッションを経験。ロバート・クビサの後任として2020年にF1デビューを果たすことが決定した。

以前にルノのテストドライバー、フォース・インディアのリザーブドライバーを務めた経験のあるニコラス・ラティフィは、現在、F2選手権で1ラウンドを残して2位につけている。

「2020年にレースドライバーにステップアップすることに興奮している」とニコラス・ラティフィは語った。

「今年はチームとの一緒を楽しんできたし、クルマの開発をサポートし、トラックサイドとファクトリーできる限り支援してきた。チームと一緒に前進することを楽しみにしており、2020年のオーストラリアグランプリでのF1デビューを楽しみにしている」

ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは「ニコラスが2020年にジョージのパートナーとしてレースドライバーの役割にステップアップすることを発表できることを嬉しく思います」とコメント。

「ウィリアムズの我々全員が、彼がチームへのコミットメントと彼が舞台裏で入れた仕事とともに、今年FIA-F22で達成したことに非常に感銘を受けました」

「ニコラスはウィリアムズで確立され、尊敬されているメンバーになりました。ミッドフィールドへの道を戦うために彼がこの新しい役割に加わることを楽しみにしています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / ニコラス・ラティフィ