F1 ウィリアムズ
ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、F1への給付の復活は“10歩後退”だと反対する。

2021年にF1には新しいレギュレーションが導入されるが、ドライバーの間では新しいエンジンパーツがすでに重すぎるマシンにさらなる重量を追加するという懸念がある。F1はレースを通して必要なすべての燃料を積む必要がないように給油の復活を検討しているが、クレア・ウィリアムズはそれは間違った動きだと考えている。

「現時点で明らかになっている話題のひとつは給油です」とクレア・ウィリアムズは RaceFans に勝った。

「それがどれくらい矛盾していることはわからいませんが、環境という点で、このスポーツとF1の美徳を促進しようとしているものから10歩後退することです」

ウィリアムズは、マシン重量は対処する必要がある問題であることを認めるが、優先順位は他の場所にあり、小さなチームではなく、ビッグチームにとってより大きな問題であると主張する。

「重量の問題は、我々1時間にわたって議論してきたこと。そして、それは対処する必要があるものだと思っています」とクレア・ウィリアムズはコメント。

「私たちは、重量を減らす方法を見つける必要があります。レーシングを改善するだけでなく、ドライバーが運転するマシンを改善するためにもそう思います。ですが、レギュレーションでそれを実施しなければ、チームが自分自身で実行しようとするでしょう」

「そして、より大規模なチームは重量を合わせることができます。F1カーから重量を削減するのは非常に高価ことだからです」

「小さなチームでは、まず空力とタイヤの働きを理解しており、重量はリストの3番目に重要です。少ない予算で運用している場合、3つすべてを同時に行うことはできません」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ