F1 ウィリアムズ
ウィリアムズが2019年F1マシン『FW42』の準備が遅れていることで、技術責任者のパディ・ロウの将来が危機に晒されていると噂になっている。

先週末にウィリアムズは、FW42のシェイクダウンの計画を廃止。2月18日(月)にスタートしたF1バルセロナテスト初日も欠場し、2日目にも準備が間に合う可能性は低いとしている。

開発期間を最大にするために、1日の走行をスキップすることは攻撃的な開発計画を見なされるかもしれないが、それ以上の遅れは危機のストーリーを助長することになる。

2019年のF1マシン開発が遅れていたのはウィリアムズだけではない。ルノーも準備が遅れていたことで、シェイクダウンを見送る可能性をしていた。

ウィリアムズの副チーム代表クレア・ウィリアムズの声明では3日目となる水曜日でさえマシンを準備できるかどうかは保証されていない。

「現状、早くとも水曜日までコース上に走れるところまでいける可能性は極めて低そうです」とクレア・ウィリアムズはコメント。

「当然ながら、このようなことは非常には非常に失望していますが、残念ながら、これが現在の我々がいる状況です。できる限り早くFW42をコース上で走らせたいと思っています」

ウィリアムズで何が起こっているのかは正確には詳述されていないが、パドックではFW42の進歩はまったく進んでいないと噂されている。タイトルスポンサーとしてROKiTと契約できたことは明るいニュースだが、パフォーマンスの向上はそれほど見込めないとも示唆されている。

また、マシンの遅延は開発期間を最大限に延ばすための意図的な戦術ではなく、正しい生産スケジュールの計画が立てられていなかったともいわれている。

複数の情報筋は、FW42の開発の遅れによって、ウィリアムズの上層部はパディ・ロウの立場を真剣に評価しなければならない状況に陥っている。一節ではパディ・ロウがが辞任を申し出ることさえあるかもしれないと囁かれている。

パディ・ロウ辞任の噂について質問されたクリア・ウィリアムズは「ノーコメント」と Autosport に語ったが、F1用語ではこれは非否認拒否として知られている。

今後、パディ・ロウの去就がどうなるかは現時点で不明だが、FW42がどれくらいパフォーマンスを発揮するかにもかかってくる。

昨年、ウィリアムズはパディ・ロウ主導でマシンコンセプトを一新したが失敗。チーム史上最低の成績となるコンストラクターズ選手権最下位でシーズンを終えた。

F1 ウィリアムズ パディ・ロウ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ