ウィリアムズ F1モナコGP
ウィリアムズは、F1モナコGP初日のフリー走行で、パストール・マルドナドが5番手タイム、ブルーノ・セナが13番手タイムだった。

パストール・マルドナド (5番手)
「今年、マシンのフィーリングは本当にいいし、今日行った走行でも競争力がありそうなので満足している。タイヤについてもう少しデータを集めたかったので午後にあまり走れなかったのは残念だけど、まだ土曜日のFP3がある。このサーサーキットは大好きだし、競争的なグランプリになると思う」

ブルーノ・セナ (13番手)
「今日は両方のセッションで走れて素晴らしかった。少しずつ学んでいくことができたからね。ここでコンペティティブな走行をしてから何年も経っているので、トラックを思い出すために追加で時間を得られて良かった。僕たちは少しずつ良くなっているし、午後のセッションは雨によって妨げられてしまったけど、小さなこと全てが役に立つ」

関連:
F1モナコGP フリー走行2回目:ジェンソン・バトンがトップタイム
F1モナコGP フリー走行1回目:フェルナンド・アロンソがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1モナコGP