ウィリアムズ
F1スペインGPでのウィリアムズのガレージ火災の原因は、静電気だった可能性がある。

ウィリアムズとFIAは調査を行ったが、火災の原因についてはっきりと究明されてはいない。

ドイツの Auto Motor und Sport は、当時の気象条件から考えて、静電気が原因だった可能性があるとし、コンテナが接地していなかったことが発火につながったと推察している。

ウィリアムズは、F1モナコGPへの準備おける火災の影響はやけどの治療を受けているメカニックが1人欠席している以外はないと述べた。

「彼は回復に向かっている」とウィリアムズの共同オーナーのトト・ヴォルフは述べた。

火災発生時、そのメカニックは1つのコンテナから別のコンテナへと燃料をポンプで移していたと考えられている。

トト・ヴォルフは静電気の可能性を認めた。

「非常に稀なことだ。天候が関係していた可能性はある。あの日のバルセロナは気圧が低かった」

火災の被害はコンピューターが中心だったが、重要なデータは無事だったという。だが、150台あったウィリアムズの無線機は、40台しか残らなかった。

また、トト・ヴォルフは、ブルーノ・セナのシャシーは、ピットエリア後方に仕切りがあったことで無事だったと述べた。

「難燃性の素材でできている。そのために火はマシン後部まで到達しなかった。ウォールは熱で溶けていたが、燃えてはいなかった」

保険に加入していたため、チームに財政的なダメージはまったくなかったという。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ