ウィリアムズの2019年01月のF1情報を一覧表示します。

ロバート・クビサ 「F1キャリアを長く継続することが目標」

2019年1月31日
F1 ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、2019年のF1世界選手権での目標は、今後も長く第2のF1キャリアを継続するための道を開くことだと語る。

2011年のプレシーズン中のラリー事故で右腕に重傷を負ったロバート・クビサ(35歳)は、2019年にウィリアムズで8年ぶりにF1レース復帰を果たす。

ロバート・クビサ 「ルーキーのような気持ちで開幕戦のグリッドに並ぶ」

2019年1月19日
F1 ロバート・クビサ ウィリアムズF1
ロバート・クビサは、2010年に最後にレースを戦って以降、F1は大きく変化しており、メルボルンの開幕戦のグリッドは、元グランプリウィナーとしてではなく、ルーキーのような気持ちで並ぶことになるだろうと語る。

2008年のF1カナダGPのウィナーであるロバート・クビサ(34歳)は、ラリー事故による右腕の重傷を克服し、今年、ウィリアムズから8年ぶりのF1レース復帰を果たす。

「マクラーレンとウィリアムズはF1チームモデルの蚊帳の外にいる」

2019年1月14日
F1 マクラーレン ウィリアムズ
元F1ドライバーのマーティン・ブランドルは、自動車メーカーのワークスチームでもBチームでもないマクラーレンとウィリアムズは現在のF1で手詰まりになってしまっていると考えている。

かつての名門マクラーレンとウィリアムズは、しばらくの間、勝利はおろか表彰台からも遠ざかっており、近年、チーム史上で最悪のシーズンを経験している。

ロス・ブラウン、名門マクラーレンとウィリアムズの低迷ぶりを嘆く

2019年1月10日
F1 マクラーレン ウィリアムズ
F1のスポーティングディレクターを務めるロス・ブラウンは、名門チームであるマクラーレンとウィリアムズが低迷ぶりを嘆いている。

F1の古豪チームであるマクラーレンとウィリアムズは、チャンピオンシップ争いから程遠い状況が続いており、マネジメントを再編やドライバーの入れ替えなどで再び正しい方向に踏み出そうともがいている。

「F1のハイブリッド開発がテスラの電気自動車を可能にした」

2019年1月7日
F1 ハイブリッド 電気自動車
ウィリアムズの最高技術責任者を務めるパディ・ロウは、10年前にF1が着手したハイブリッド技術の開発が、今日のテスラの電気自動車技術に貢献したと考えている。

F1は、2009年にKERSを導入してハイブリッドパワーを採用。KERS(Kinetic Energy Recovery System)はブレーキングによって発生する熱エネルギーを回生して、加速にそのエネルギーを再利用するシステムだ。

ロバート・クビサ 「フェラーリの開発ドライバーを断るのは難しかった」

2019年1月6日
F1 ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、2019年の決断を迫られた際にフェラーリの開発ドライバーの役割を断るのは簡単な選択ではなかったと認める。

2011年のラリーでの事故でF1の表舞台から姿を消していたロバート・クビサだが、過去2年間でF1マシンをドライブする能力を示し、2019年にウィリアムズから8年ぶりにF1レース復帰を果たす。

ロバート・クビサ 「F1復帰よりF1に留まることの方がチャレンジ」

2019年1月4日
F1 ロバート・クビサ ウィリアムズF1
ロバート・クビサは、F1に復帰することよりも、2019年以降もF1に留まることの方が大きなチャレンジだと語る。

2011年のプレシーズンにラリーでの事故で右腕に重傷を負ったロバート・クビサは、今年ウィリアムズで8年ぶりにF1レースへのカムバックを果たす。

「F1復帰は簡単にはいかないだろう」とロバート・クビサは Telewizja Polska にコメント。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム