ウィリアムズの2018年12月のF1情報を一覧表示します。

ウィリアムズ 「ジョージ・ラッセルはルクレールのように活躍できる」

2018年12月30日
F1 ウィリアムズ ジョージ・ラッセル
ウィリアムズの最高技術責任者を務めるパディ・ロウは、2019年にチームでF1デビューを果たすジョージ・ラッセルは、今季のシャルル・ルクレールに匹敵する活躍を見せるポテンシャルを秘めていると語る。

シャルル・ルクレールは、2017年にF2でタイトルを獲得して、今年ザウバーでF1デビュー。ルーキーらしからぬ冷静なレースクラフトで称賛を勝ち取り、2019年にキミ・ライコネンに代わってフェラーリのレースシートを獲得した。

ロバート・クビサ 「自分がウィリアムズのチーム代表でもF1復帰を疑う」

2018年12月29日
F1 ロバート・クビサ ウィリアムズF1
ロバート・クビサは、自分の能力について疑問の目を向ける気持ちは理解できるとし、自分がチーム代表だったとしてもF1復帰について疑ってかかるだろうと認める。

2011年のプレシーズン中のラリー事故で右腕に重傷を負ったロバート・クビサ(35歳)は、2019年にウィリアムズで8年ぶりにF1レース復帰を果たす。

ウィリアムズ 「3倍の予算をかけても2018年の問題は解決できなかった」

2018年12月28日
F1 ウィリアムズ
ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、2018年F1マシン『FW41』が抱えていた問題は“たとえ3倍の予算をかけていたとしても”改善は困難だったと考えている。

今年、ウィリアムズはマシンコンセプトを一新してシーズンに挑んだが、ランス・ストロールとセルゲイ・シロトキンの二人で3回の入賞に留まり、わずか6ポイントしか獲得できず、チームの長い歴史で初めてコンストラクターズ選手権で最下位という最悪のシーズンとなった。

ランス・ストロール 「まだ自分のポテンシャルをまったく示せていない」

2018年12月26日
F1 ランス・ストロール フォース・インディア
ランス・ストロールは、F1でドライバーとして自分のポテンシャルをまったく示せていないとし、2018年に蓄積した経験と知識が来シーズンに役立つと語る。

ウィリアムズで迎えたF1での2年目はランス・ストロールにとってチャレンジングなシーズンとなった。ウィリアムズ FW41は競争力に欠け、しばしばチームメイトのセルゲイ・シロトキンとともに最後尾争いを演じた。

ジョージ・ラッセル 「クビサのようなチームメイトを望んでいた」

2018年12月25日
F1 ジョージ・ラッセル ロバート・クビサ ウィリアムズF1
2019年にウィリアムズでF1デビューを果たすジョージ・ラッセルは、ロバート・クビサのチームメイトとして彼と勝負することを楽しみにしており、チームが挽回するために協力して作業していきたいと語る。

ジョージ・ラッセルは、マクラーレンのランド・ノリス、トロロッソのアレクサンダー・アルボンとともに2019年にF1デビューを果たす3人のF2昇格組のひとりとなる。

ウィリアムズ 「ランス・ストロールのF1昇格は早すぎたかもしれない」

2018年12月21日
F1 ウィリアムズ ランス・ストロール
ウィリアムズのチーフテクニカルオフィサーを務めるパディ・ロウは、ランス・ストロールはF1にステップアップする準備ができていなかったと明かし、F2で1年間を過ごした方が良かったかもしれないと語る。

2018年、ウィリアムズはFW41の開発に失敗。シーズン全体で7ポイントしか獲得できず、コンストラクターズ選手権最下位で終えるなど、チーム史上の最悪の一年に耐えることになった。

ジョージ・ラッセル 「早くにウィリアムズに溶け込むことが不可欠だった」

2018年12月15日
F1 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ
ジョージ・ラッセルは、2019年にF1デビューを果たす前にウィリアムズに溶け込むことが“不可欠”だったと語る。

F2チャンピオン、メルセデスのヤングスターであるジョージ・ラッセルは、今年10月に2019年のウィリアムズのドライバーとして発表された。チームメイトのロバート・クビサは1ヶ月後にドライバーとしての起用が発表されている。

ジョージ・ラッセル、カーナンバー“63”はイニシャルが由来

2018年12月14日
F1 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ
2019年にウィリアムズでF1デビューを果たすジョージ・ラッセルは、F1キャリアの固定ナンバーとして“63”を選択した。

20歳のジョージ・ラッセルがウィリアムズからF1デビューを飾ることが決定し、2019シーズンのF1グリッドには、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とランド・ノリス(マクラーレン)と共に3人の英国人ドライバーが並ぶことになった。

ロバート・クビサの“カーナンバー88”に一部からクレーム

2018年12月14日
F1 ロバート・クビサ ウィリアムズ
ロバート・クビサがF1キャリアの固定ナンバーに“88”を選択したことに対して一部から批判の声が挙がっている。

2019年にウィリアムズでF1復帰することが決定したロバート・クビサは、F1キャリアで使用するナンバーとして“88”を選んだことがFIAが公表した2019年の暫定F1エントリーリストで明らかになった。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム