ウィリアムズの2015年01月のF1情報を一覧表示します。

ウィリアムズ、レーシングスーツをアルパインスターズ製に変更

2015年1月31日
アルパインスターズ
ウィリアムズは、アルパインスターズと契約したことを発表した。

昨年までウィリアムズはプーマの製品を使用していたが、今回の契約により、2015年からドライバーやクルーは、アルパインスターズ製のレーシングスーツ、アンダーレイヤー、ブーツ、グローブを着用することになった。

ウィリアムズ、アレックス・リンを開発ドライバーに起用

2015年1月28日
アレックス・リン
ウィリアムズは、GP3チャンピオンのアレックス・リンを2015年の開発ドライバーに起用することを発表した。

アレックス・リンの役割には、広範囲なシミュレーター作業だけでなく、スペインGP後に開催されるテストでの走行も含まれる。

2015年、アレックス・リンはDAMSからGP2に参戦しながら、ウィリアムズでの仕事をこなしていく。

ウィリアムズ FW37、バルテリ・ボッタスが初走行を担当

2015年1月26日
ウィリアムズ FW37
ウィリアムズは、2月1日(日)からスタートするヘレステストのドライバーラインナップを発表。バルテリ・ボッタスがウィリアムズFW37の初走行を担当することになった。

ウィリアムズは21日に『FW37』の画像を F1 Racing の表紙を飾るというカタチで公開。2015年F1マシンの外観を他チームに先駆けて最初に披露した。

ウィリアムズ FW37:技術解説

2015年1月22日
ウィリアムズ FW37
ウィリアムズは、2015年F1マシン『FW37』を発表。新たなレギュレーションに従って設計されたノーズを披露する最初のチームとなった。

ウィリアムズ FW37のノーズは、2014年と同じように気流への障害を最小限に抑えるために規約の解釈が広げられている。

ノーズ先端の小さな突起は、ノーズをレギュレーションで許容された最小限のパッケージに収めるために整形されている。結果として、昨年マシンFW36と比較して、より短く、スクエアな形状となった。

ウィリアムズ 「2015年のF1ノーズ規約はFW37に大きく影響した」

2015年1月21日
ウィリアムズ FW37
ウィリアムズは、2015年の新しいF1ノーズ規約が予想していたよりもFW37のデザインに大きな影響を与えたと認めた。

ウィリアムズは、 F1 Racing の表紙で2015年F1マシン『FW37』の画像を公開した。

2014年マシンとの最も明らかな違いのひとつがノーズデザインであり、ウィリアムズのチーフテクニカルオフィサーのパット・シモンズは、マシンのフロントを管理するレギュレーション変更がFW37のデザインプロセスに大きな役割を演じたと述べた。

【画像】 ウィリアムズ FW37 スタジオショット

2015年1月21日
ウィリアムズ FW37
ウィリアムズは、2015年F1マシン『FW37』のスタジオショットを公開した。

ウィリアムズは、雑誌 F1 Racing の表紙でFW37を初公開。2015年F1マシンを公開する最初のチームとなった。

それに続き、ウィリアムズは公式サイトでより多くのFW37の画像を公開した。

ウィリアムズ、FW37の画像を公開 / 2015年F1マシン

2015年1月21日
ウィリアムズ FW37
ウィリアムズは、2015年F1マシン『FW37』の画像を F1 Racing の表紙を飾るというカタチで公開した。

昨年同様、マルティーニ・ストライプが施されたウィリアムズ FW37は、かなり短くなったノーズが特徴的。先端には短い突起が残っている。

2013年のコンストラクターズ9位から昨年は3位にまで飛躍したウィリアムズは、チャンピオンチームのメルセデスのメインのチャレンジャーとしてシーズンを終えた。

ウィリアムズ、ハケット ロンドンとアパレル契約

2015年1月20日
ハケット ロンドン
ウィリアムズは、ハケット ロンドンと2015年以降の公式サプライヤーに関する複数年契約を締結したことを発表した。

ハケット ロンドン(HACKETT LONDON)は、1979年にロンドンで設立されたクラシック・ブリティッシュ・スタイルのメンズウェアブランド。

モータースポーツとの関わりも深く、現在はWECに参戦するアストンマーチンにウェアを提供。2010年にはケータハムの前身ロータス・レーシングとサプライヤー契約を結んでいた。

パット・シモンズ 「今のウィリアムズにはもっと大きな予算が必要」

2015年1月14日
ウィリアムズ
ウィリアムズの技術責任者パット・シモンズは、ウィリアムズが次のステップを踏み、再びF1でタイトルを争うようになるにはより大きな予算を確保する必要があると考えている。

2014年シーズン、ウィリアムズは何度か優勝争いに加わる強さをみせ、コンストラクターズ選手権を3位で終えた。ウィリアムズの復調には、マルティーニとの新たなタイトルスポンサー契約が重要な要素のひとつとなった。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム