ウィリアムズ FW37
ウィリアムズは、2015年の新しいF1ノーズ規約が予想していたよりもFW37のデザインに大きな影響を与えたと認めた。

ウィリアムズは、 F1 Racing の表紙で2015年F1マシン『FW37』の画像を公開した。

2014年マシンとの最も明らかな違いのひとつがノーズデザインであり、ウィリアムズのチーフテクニカルオフィサーのパット・シモンズは、マシンのフロントを管理するレギュレーション変更がFW37のデザインプロセスに大きな役割を演じたと述べた。

「レギュレーションの変更は、軽い頭痛の種だった」とパット・シモンズは述べた。

「新しいフロントのバルクヘッドとノーズジオメトリーは、我々が当初に予測していたよりもかなり大きな影響があったし、空力に対する影響は深かった」

「2014年マシンの空力は印象的だったが、そこには常に改善の余地がある。とりわけ新しい2015年のノーズレギュレーションの扱いに関してね」

「チームは、これらのレギュレーションが我々にもたらした損失を取り戻すことに懸命に取り組んだ」

パット・シモンズは、昨年マシンであるFW36は非常に競争力があったが、ウィリアムズは2015年にむけて弱点のエリアを特定し、それらを改善するために懸命に取り組んできたと述べた。

「FW37の意向は、FW36とそのパフォーマンスを良く見ることだった」

「そして、我々はうまく機能した部分を認識し、改善する必要があると感じたエリアを特定し、解決することに取り組んだ」

「我々はFW36のデザインバリアに直面し、パフォーマンスの利益のためにそれらのバリアを取り除く機会を得た」

「FW36は相当な量のバランスを積んでいたので、我々は過度な量を加えることを心配せずにパフォーマンスを加えるためにデザインを改変することができた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ