ウィリアムズの2013年12月のF1情報を一覧表示します。

ウィリアムズ 「メルセデスとの作業関係は期待以上」

2013年12月27日
ウィリアムズ
ウィリアムズの副チーム代表クレア・ウィリアムズは、メルセデスとの関係は初期の段階から期待を上回っていると述べた。

ウィリアムズは、2014年からルノーに代えてメルセデスのエンジンを採用するが、すでに今年後半から新車開発においてパートナーシップは開始している。

メルセデスと作業した最初の数ヶ月間は期待を上回っているかと質問されたクレア・ウィリアムズは「そうですね。上回っていると思います」とコメント。

ウィリアムズ、パット・シモンズの手腕に感銘

2013年12月19日
パット・シモンズ
ウィリアムズの副チーム代表クレア・ウィリアムズは、今年にチームに加わったパット・シモンズの仕事に感銘を受けていると述べた。

パット・シモンズは、元テクニカルディレクターのマイク・ガスコインに代わり、8月にチーフテクニカルオフィサーとしてウィリアムズに加入。

それまでパット・シモンズは、2011年からマルシャの技術コンサルタントとして働いていた。

ウィリアムズ、空力部門を強化

2013年12月9日
ウィリアムズ
ウィリアムズは、2014年シーズンに向けて空力チームを強化し、デイブ・ウィーターとショーン・ホワイトヘッドという2人の空力スタッフと契約したことを発表した。

元ロータスのデイブ・ウィーターが空力パフォーマンス責任者に就任。また元レッドブルのホワイトヘッドは空力プロセス責任者に就任し、空力責任者のジェイソン・サマーヴィルの直属となる。

マルシャ、ウィリアムズとも合併交渉

2013年12月3日
マルシャ
マルシャとウィリアムズとの間で合併についての話し合いがあったことをメルセデスのエグゼクティブディレクターでウィリアムズの株式を保有するトト・ヴォルフが明かした。

マルシャに関しては、ケータハムと合併について話し合っていることが明るみに出ているが、この交渉は破たんに終わったようだ。

フェリペ・マッサ 「妻はレース引退を希望している」

2013年12月2日
フェリペ・マッサ
フェリペ・マッサは、妻がレースをやめてほしいと考えていることを明かにした。

フェラーリで8シーズンを過ごしたフェリペ・マッサは、2014年にウィリアムズへの移籍が決定している。

32歳のフェリペ・マッサは、妻ラファエラにとっては息子と家にいることを望んでいたと認めた。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム