ウィリアムズの2011年09月のF1情報を一覧表示します。

ウィリアムズ:善戦もポイントには届かず (F1シンガポールGP)

2011年9月26日
ウィリアムズ F1シンガポールGP 結果
ウィリアムズは、F1シンガポールGPの決勝レースで、パストール・マルドナドが11位、ルーベンス・バリチェロは14位だった。

パストール・マルドナド (11位)
「マシンはレースを通してアンダーステアがかなり酷かった。特に第1スティントはね。リアタイヤを労わるためにあらゆる手を尽くしたけど、ウェアレートによって早めのピットインを強いられた」

パストール・マルドナド 「ウィリアムズでチャンピオンを獲りたい」

2011年9月25日
パストール・マルドナド
パストール・マルドナドは、ウィリアムズに満足していると主張している。

ベネズエラの石油会社PDVSAをスポンサーに持っていることで、パストール・マルドナドが2012年もウィリアムズに留まることはほぼ確実だとみられている。

しかし、パストール・マルドナドはまだ2012年の契約にまだサインしていないとも報じられている。

ウィリアムズ:納得の予選パフォーマンス (F1シンガポールGP予選)

2011年9月25日
ウィリアムズ F1シンガポールGP 予選
ウィリアムズは、F1シンガポールGPの予選で、ルーベンス・バリチェロが12番手、パストール・マルドナドが13番手だった。

ルーベンス・バリチェロ (12番手)
「この結果は2通りの見方できるね。12番手には決して満足できないものだけど、良いラップをまとめられたし、それには満足するべきだと思う。素晴らしいサーキットだし、とても楽しいけど、かなりトリッキーだ」

ウィリアムズ、キミ・ライコネンをさらなる資金集めに利用?

2011年9月24日
キミ・ライコネン ウィリアムズ
キミ・ライコネンが、2012年にウィリアムズでのF1復帰を真剣に検討しているとの報道が盛んになっている。

ウィリアムズはすでにキミ・ライコネンがグローブのファクトリーを訪問し、現CEOのアダム・パーがファクトリーを案内したことを認めている。

Auto Motor und Sport によると、キミ・ライコネンはモンツァ前の水曜日にファクトリーを訪問したと報道。そこで今週末シンガポールに来ていないアダム・パーとなんらかの交渉があったとみられている。

ウィリアムズ:F1シンガポールGP初日

2011年9月24日
ウィリアムズ F1シンガポールGP フリー走行結果
ウィリアムズは、F1シンガポールGP初日のフリー走行で、ルーベンス・バリチェロが16番手、パストール・マルドナドが17番手だった。

ルーベンス・バリチェロ (16番手)
「午前中はいろいろと異なることを試すことができたので効果的だった。午後はいくつか問題が発生して、望んでいたほど多くの走行をすることができなかった。マシンのパフォーマンスをもっと見つけられるように今夜それらのエリアを調整するつもりだ」

キミ・ライコネン、2012年のウィリアムズでのF1復帰に興味

2011年9月23日
キミ・ライコネン
キミ・ライコネンは、2012年のF1復帰に興味を持っており、ウィリアムズが潜在的な目標だと BBC が報じた。

ウィリアムズはすでにキミ・ライコネンがグローブのファクトリーを訪問し、現CEOのアダム・パーがファクトリーを案内したことを認めているが、ライコネンの訪問は「プライベートな訪問」と述べ、それ以上のコメントは拒否している。

エイドリアン・スーティル、ウィリアムズのファクトリー訪問を否定

2011年9月22日
エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルは、最近彼がグローブにあるウィリアムズのファクトリーを訪問したとの報道を否定した。

この報道は、個人スポンサーとしてメディオンとカプリソーネを抱えるエイドリアン・スーティルが、ルーベンス・バリチェロと交代でウィリアムズに移籍するとの噂を引き起こした。

エイドリアン・スーティル、ウィリアムズ移籍説を否定

2011年9月21日
エイドリアン・スティール
エイドリアン・スティールのマネージャーは、スーティルがウィリアムズに移籍するという報道を否定した。

先週、ウィリアムズのファクトリーを訪問したキミ・ライコネンとともに、2012年のウィリアムズのドライバー候補にエイドリアン・スーティルの名前が浮上した。

スーティルとフォース・インディアの契約は2011年末で期限が切れるが、スーティル自身は、フォース・インディアに残留することに不満はないと語っていた。

ルーベンス・バリチェロ:F1シンガポールGPプレビュー

2011年9月20日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロが、F1シンガポールGPへの意気込みを語った。

ルーベンス・バリチェロ (ウィリアムズ)
「シンガポールは大好きだし、ナイトレースは素晴らしい成功を収めていると思う。コーナーの全てが非常にチャレンジングであまりお気に入りのコーナーはない。例えば、ターン4はバンプがいくつかあって2倍の集中力がいる中速コーナーだけど多くのタイムを稼げる」
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム